枕の上の葉
ホーム > 作品情報 > 映画「枕の上の葉」
メニュー

枕の上の葉

劇場公開日

解説

ストリート・チルドレンと彼らが慕う露店商の女性の姿を描いた社会派ドラマ。監督はインドネシアの俊英ガリン・ヌグロホで、日本では映画祭で特別上映されている『一切れのパンの愛』(91)『天使への手紙』(93)『そして月も踊る』(95)に続く監督第4作。製作・主演はインドネシアを代表する名女優クリスティン・ハキム(「チャッ・ニャ・ディン」「眠る男」)。脚本はアルマントノとヌグロホ。撮影はヌルヒダヤット。音楽はジャドゥク・フェリアント。編集はセムトット・サヒッド。共演の少年たちは実際にストリート・チルドレンから選ばれた。

ストーリー

1997年。インドネシアの都市ジョグジャカルタ。露店商の女性アシー(クリスティン・ハキム)はバティクを売って得たなけなしの金もやくざな夫に奪われるというむなしい日々を送っていた。そんな彼女が面倒をみているのが、ヘル、スグン、カンチルの3人のストリート・チルドレン。3人は年長のヘルを頭に、残飯あさりや靴みがき、そしてかっぱらいで生計をたて、時々シンナーや朝鮮朝顔でラリったりという生活を送っていた。アシーはそんな彼らのためにお金の入った枕を時々置いておき、3人は母のように慕う彼女の枕を奪い合うのだった。しかし、故郷にいる弟に会うのが夢だったカンチルは枕をもっていた子供からそれを奪い返し、汽車の屋根に上ったがトンネルで頭をぶつけて死んだ。血まみれの枕にショックを受けたヘルは手についたその血を洗い流そうとはしなかった。そんな彼も祭りの日、金を稼ぐためにマフィアの犠牲になり、死体になってゴミ捨て場で発見された。インドネシアでは身分証を持たないヘルのようなストリートチルドレンを騙して殺し、保険金を得るマフィアによる陰惨な詐欺事件が横行していた。悲しみに沈むアシーだったが、ほどなく、露店の首飾り売りの手伝いをしていたスグンは憧れのアシーからもらった茶色のジャンパーを自慢にしていたが、それと同じ色を着た男を探していたマフィアの手であやまって刺し殺された。スグンを埋葬しようとしたアシーは、彼が身分証を持っていないためどこの墓地でも受け入れてもらえないことを嘆き、TVレポーターに訴える。「動物だって埋葬されるのに!」と。3人が死んだ後、彼らが住んだ地区は再開発のため閉鎖された。...

キャスト

作品データ

原題 Daun di atas bantal
製作年 1998年
製作国 インドネシア
配給 岩波ホール
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第51回 カンヌ国際映画祭(1998年)

出品
ある視点部門
出品作品 ガリン・ヌグロホ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全2件)
  • トラウマ 10年以上前に観たけれど、未だに忘れられない映画。 もう二度と観たくないけれど、間違いなく観て良かった映画。 裕福層と貧困層の格差が大きいインドの現実、この映画を観なければ、知らないままだった。... ...続きを読む

    おりこう おりこうさん  2016年5月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 本物のストリートチルドレン かなり昔に観た映画だけど、忘れられない。 最後が衝撃的で実際にこんな社会があるんだ…とショックを受けた記憶が… 主演の子供の笑顔が忘れられない。 ...続きを読む

    ぴよぴよ ぴよぴよさん  2012年12月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi