ブルー・マックス
ホーム > 作品情報 > 映画「ブルー・マックス」
メニュー

ブルー・マックス

劇場公開日

解説

ジャック・D・ハンターの小説を、ジェラルド・ハンリー、デイヴィッド・パーセル、ジャック・セッドンの3人が脚色、「かもめの城」のジョン・ギラーミンが監督した飛行機アクション。撮影は「バタシの鬼軍曹」のダグラス・スローカム、飛行撮影はスキーツ・ケリー、音楽は「駅馬車(1965)」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「大いなる野望」のジョージ・ペパード、「ロード・ジム」のジェームズ・メイスン、「カトマンズの男」のアーシュラ・アンドレス、マクシミリアン・シェルの弟、カール・シェル「クロスボー作戦」のジェレミー・ケンプ、「素晴らしきヒコーキ野郎」のカール・ミカエル・フォーグラーほか。製作はクリスチャン・フェリー。

ストーリー

1918年、第1次大戦も終末に近い頃、若い中尉ブルノ・スタッヘル(ジョージ・ペパード)がある飛行基地へ赴任してきた。彼の望みは1日も早く出撃し、1機でも多く敵機を撃墜し、撃墜王に授けられるブルー・マックス勲章を得ることだった。そのため、彼にとっては僚友の死よりも、残り少ない飛行機を大切に扱うことよりも、撃墜機の数を増すことが問題だった。こうした彼の態度は当然隊長ハイデマン(カール・M・フォーグラー)や基地の人々の反感をかった。しかし、同じ基地のウィリー・クルーガーマン(ジェレミー・ケンプ)が、伯父のクルーガーマン伯(ジェームズ・メイスン)から、撃墜王として勲章を授けられるとき、伯はスタッヘルの武勇をほめたたえた。それみたことかとスタッヘルは得意満面ー―しかし彼には、伯が自分を戦意昂揚のためのロボットに仕立てている真意は見ぬけなかった。やがて撃墜機の数が増すにつれ、撃墜王としてスタッヘルの人気は急上昇した。同時に伯の狙いは適中し、「国民の英雄」として彼は祭りあげられ、1日、ベルリンに招かれて宣伝キャンペーンが始まった。このとき伯の夫人カエティ(U・アンドレス)は、スタッヘルの冷たい態度にかえって欲情をそそられ、彼を寝室に誘った。この年、ドイツは連合軍に対して最後の大反撃に出たが、失敗。一方スタッヘルはいよいよ念願のブルー・マックス勲章を授与されることになった。が、その式典の当日、空軍省からクルーガーマンの死の真相を究明するため、スタッヘルを逮捕せよとの命令が来た。しかし伯は「国民の英雄」に汚名はきせられないと、機体に弱点のあるのを隠して、彼に新鋭機のテストを命じた。ドイツの英雄スタッヘルは、意気揚揚とブルー・マックスを胸に空中を乱舞した。だが、やがて機体は空中分解。彼は英雄として散華した。...

作品データ

原題 The Blue Max
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

ブルー・マックス[DVD] ブルー・マックス[DVD] ブルー・マックス[Blu-ray/ブルーレイ] ブルー・マックス[DVD]
ブルー・マックス[DVD] ブルー・マックス[DVD] ブルー・マックス[Blu-ray/ブルーレイ] ブルー・マックス[DVD]
発売日:2007年3月2日 最安価格: ¥2,467 発売日:2005年4月8日 最安価格: ¥3,352 発売日:2014年4月25日 最安価格: ¥1,522 発売日:2016年8月3日 最安価格: ¥927
Powered by 価格.com

他のユーザーは「ブルー・マックス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi