冬の嵐
ホーム > 作品情報 > 映画「冬の嵐」
メニュー

冬の嵐

劇場公開日

解説

謀殺事件にまきこまれた女優の恐怖を描いたサスペンス。製作はジョン・ブルームガーデンとマーク・シュミューガー、監督は「フォー・フレンズ<4つの青春>」のアーサー・ペン、脚本はマーク・シュミューガーとマーク・マローン、撮影はジャン・ウェインク、美術はビル・ブロディ、音楽はリチャード・エインホーンが担当。出演はメアリー・スティーンバージェンが3役に挑み、他にロディ・マクドウォール、ヤン・ロービッシュ、ウィリアム・ラス、マーク・マーロンなど。

ストーリー

ニューヨーク郊外のとあるステーション。吹雪の中、1人の女性(メアリー・スティーンバージェン)が駅のコインロッカーから大金のつまったカバンを取った。彼女は誰かと待ち合わせらしい公園で車を止める。相手が現われずしびれをきらした彼女は電話ボックスに入り、誰かと連絡をとり、車に戻った。と、その時、バックシートから男の手が彼女の首に伸びた。数秒後、女の息は絶え、男は女を殺した証拠として、彼女の左手薬指を切断した――。ケイティ・マクガバン(スティーンバーゲン3役)はニューヨークに住む売れない女優。“代役女優希望”という募集広告を見た彼女は、早速、オーディション会場に出かけた。審査員はマーレー(ロディ・マクドウォール)という男。彼はケイティをひと目見て大金で採用を決定。彼の説明によると有望な女優が撮影の途中で降りてしまった、という。ケイティは映画の内容も知らぬまま、この仕事に反対する夫ロブ(ウィリアム・ラス)をアパートに残し、映画プロデューサーの屋敷に向かった。屋敷では車椅子に乗ったジョゼフ・ルイス博士(ヤン・ロービッシュ)が出迎えた。ケイティは無事に着いたことを夫に知らせようと電話をとったが、猛吹雪のため不通になっていた。ケイティは髪を切り、メイクアップしてカメラ・テストを受けた。渡された台本は<殺人もの>だった。その夜、マーレーはカメラ・テストのビデオをとある豪邸の戸口に投げ込んだ。そのビデオを見た女主人イヴリン(スティーンバーゲン3役)は驚きの声をもらした。一方、ケイティは一向に撮影現場に行こうとしない2人の男に不審を抱き、極寒の中を脱出しようとするが失敗、睡眠薬を飲ませられた。翌日、ケイティは手に激しい痛みを感じながら目が覚めた。手には包帯がまかれていた。恐る恐る包帯をとったケイティは絶叫とともにベッドに崩れ落ちた。彼女の左手薬指が切り取られていた――。真相が判明した。精神科医のルイス博士は患者のジュリーから、彼女の姉イヴリンが夫を殺して莫大な遺産を相続したことを聞きだし、彼女を恐喝。イヴリンは逆に妹を殺し屋に殺させたのだが、ルイス博士はケイティを代役に使ってジュリーが生きているとみせかけ、再びイヴリンを恐喝したのだ。イヴリンが妹の存在を確かめにやって来た。薬を飲まされたケイティは口がきけない。切断された指を見てすっかりケイティを妹だと信じたイヴリンは、2人の男が部屋から出た時を狙ってケイティに襲いかかった。がケイティは逆にイヴリンを殺し、彼女になりすまして、この家から脱出しようとするが、男たちに見破られる。1階から2階へ、さらに屋根裏部屋へと必死に逃げるケイティ。そして命を賭けたケイティの反撃は、ついに2人の男を逆に殺すのだった。...

作品データ

原題 Dead of Winter
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 MGM映画=UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 利用された女 ある真冬の夜、一人の女が殺され、左手薬指を切断される。 売れない女優ケイティは映画のオーディションに合格、審査員のマレーと共にプロデューサーのDr.ルイスの屋敷へ。次第に不信感を抱き、逃げ出そう... ...続きを読む

    近大 近大さん  2013年10月30日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「冬の嵐」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi