フィオナの海
ホーム > 作品情報 > 映画「フィオナの海」
メニュー

フィオナの海

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アイルランドの北西部海岸地帯を舞台に、民話風の物語の中、次第に失われていく海と共に生きることの真の豊かさを、一人の少女の目を通して再発見してゆくファンタジー。監督・脚本・編集は「希望の街」のジョン・セイルズ。製作はセイルズの第1作「セコーカス・セブン」に主演して以来、長年その作品を支えてきたマギー・レンジと、「希望の街」からレンジと組んでセイルズ作品のプロデュースに当たっているサラ・グリーン。原作はケルトの妖精に関する民間伝承をモチーフにしたロザリー・K・フライの『フィオナの海』(邦訳・集英社、ダイジェストの絵本版『海の少女』はすえもりブックス)。撮影は「メイトワン1920」でセイルズと組んだ「狼たちの街」の名匠ハスケル・ウェクスラー。音楽は「希望の街」などセイルズ作品のほとんどを手掛けるメイソン・ダーリング。美術はエイドリアン・スミス。主演は主役の少女フィオナに1000人近いオーディションで選ばれた新人の子役ジェニ・コートニー。共演は「キャル」のジョン・リンチなどアイルランドの名優たち。94年の京都国際映画祭では『ローン・イニッシュの秘密』の題で上映。

ストーリー

フィオナ(ジェニ・コートニー)は都会で出稼ぎする父の所から、アイルランド北西の海岸で暮らす祖父母(ミック・ラリー、アイリーン・コルガン)の所に帰ってきた。彼女の一族は代々沖に浮かぶローン・イニッシュ島で暮らしてきたが、今では島は無人島になっている。また一家は弟のジェミーを揺籠のまま波にさらわれて失っていた。フィオナは祖父に島にまつわる昔話を聞いて想像を膨らませ、いつかみんなで島に戻るべきだと思う。祖母はそんな迷信めいた話にいい顔をしない。フィオナは祖父と従兄弟のイーモン(リチャード・シェリダン)と一緒にローン・イニッシュ島を訪ねるが、一家の昔の家にはなぜか人の気配が。そして彼女は野原を裸で駆け回るジェミー(シリアン・バーン)の姿を見た。彼は海に浮かべた揺籠に乗ってアザラシと共に逃げ去る。フィオナは父の従兄弟で、村の人から気違い扱いされているタッドから、一族にまつわる伝説を聞く。彼らは海の妖精セルキー(スーザン・リンチ)の血を引く、海に生きる一族なのだ。霧の深いある日、フィオナがアザラシに導かれるようにボートで漂流して島にたどりつき、家のなかでジェミーとアザラシが一緒に食事しているのを見る。弟は彼女に気がつくとまた海に逃げていった。フィオナはこのことを祖父とイーモンに話すが、二人は信じず、また決して祖母には言わないようにと口止めされる。祖父母の借りている家に別の借り手がつき、引っ越さなくてはならなくなった。今まで海と共に生きてきた祖父にとって、海岸から離れることのショックは大きい。フィオナはそれなら島に帰るべきだと考え、イーモンを説得して密かに島に通い、二人で昔の家を修理する。嵐の気配がするある午後、フィオナはついに祖母にジェミーが生きていると言ってしまう。すると祖母は人が変わったようになり、手早く荷物をまとめ、すぐに島に連れていけという。島について、祖父母は二人の孫が家を綺麗に修理したことを知り、再びここに住もうと思う。そして夜、アザラシに導かれてジェミーが家族のもとに戻ってきた。...

作品データ

原題 The Secret of Roan Inish
製作年 1994年
製作国 アメリカ
配給 大映(大映=アミューズ=TBS提供)

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「フィオナの海」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi