ファイティング・キッズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ファイティング・キッズ」
メニュー

ファイティング・キッズ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ブラック、ホワイト、ヒスパニック、エイジア 。異なる肌の少年たちが織り成す、ボクシングの青春ドラマ。監督は「殺しのナイフ ジャック・ザ・リッパー」など、これが3作目になるローディ・ヘリントン。製作は、コロンビア映画の会長を2度も務めた辣腕フランク・プライスと「モブスターズ 青春の群像」のスティーヴ・ロス。撮影は「羊たちの沈黙」の名手タク・フジモト。音楽は「ターミネーター2」のブラッド・フィーデル。さらに、スタント・コーディネーター兼ファイティング・コレオグラファーとして、「ロッキー」「レイジング・ブル」を手掛けた第一人者ジム・ニッカーソンが加わった。

ストーリー

シカゴ。黒人だらけの高校に、白人のトミー・ライリー(ジェームズ・マーシャル)が転校して来た。学校にはいくつかのグループがあり、ショートカット(ランス・スローター)のグループは、新参者であるトミーに対していやがらせを始めた。しかし、トミーはまったく動じない。そんな彼にクラスメートのドーン(カーラ・ブオノ)とロマーノ(ジョン・セダ)は好意を示す。また、別のグループのリンカーン(キューバ・グッディング・ジュニア)たちもトミーを救ってくれるのだった。ある日、学校の帰り道で、トミーは借金取りに待ち伏せされる。トミーの父ジョン(ジョン・ハード)がバクチで負けたのだった。ジョンは姿を隠していて、借金だけが雪だるま式に膨らんでいた。借金を返すため、トミーは皿洗いの仕事を始めるが、それがショートカットの手下に見つかって喧嘩になる。そこへボクシングのプロモーター、ジャック(ロバート・ロッジア)が通りかかり、トミーにボクシングを勧めるのだった。闇の賭けボクシングの世界に入ったトミーはそこで顔役プロモーターのホーン(ブライアン・デネヒー)に出会う。ホーンはトミーの強さにほれ込み、自分の傘下へ入るように申し入れる。そこにはリンカーンやショートカット、ロマーノなども入っていた。ロマーノはショートカットと対戦したときに瀕死の状態でKOされる。意識の戻る気配のないロマーノの姿を見て、トミーは復讐戦を挑み、見事、ショートカットを倒した。その夜、トミーは愛するドーンと結ばれるが、幸せもつかの間、今度はリンカーンが突然倒れた。視野狭窄症に陥ったリンカーンをホーンはトミーと対戦させようとしていた。ホーンは少年たちを古代の剣闘士さながら、飼い殺しにしようとしていたのだ。試合の当日、ホーンの目論みに反して、2人の戦いは白熱しなかった。さらに、途中でリンカーンが試合を拒否したのでホーンはリンカーンをリング場外へ投げ飛ばしてしまう。トミーは、それ見て激怒し、ホーンを相手に素手で戦うことを決意する。賭けるものは、トミーが抱えている借金の総額とトミー自身だった。ホーンが勝てば、トミーはホーンの下でこれからも戦い続けなければならなかった。しかし、トミーは見事、ホーンに勝ち、リンカーンと堅い握手を交わすのだった。...

作品データ

原題 Gladiator
製作年 1992年
製作国 アメリカ
配給 コロンビア=トライスター
上映時間 101分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi