バルセロナ物語
ホーム > 作品情報 > 映画「バルセロナ物語」
メニュー

バルセロナ物語

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アルフレード・マニャスの同名小説をロビラ・ベレタが脚色・演出したジプシーの悲恋ドラマ。撮影はR・P・デロサス、音楽はエミリオ・プホル、フェルナンド・G・モルシリョ、ホセ・ソラ、アンドレス・バティスタらが担当した。出演はフラメンコ舞踊手、カルメン・アマヤ、ダニエル・マルティン、サラ・レサナ、アントニオ・プリエト、ホセ・マヌエル・マルティンなど。

ストーリー

バルセロナの街に住むジプシー、ソロンゴ家とタラント家は犬猿の仲だった。ソロンゴは仕事上の対立から部下を使ってタラントを殺し、タラントの妻アングスティアス(カルメン・アマヤ)を、その昔タラントと争った仲だった。タラント家の息子ラファエル(ダニエル・マルティン)は、結婚式をみに行き、そこで踊る若い娘に心をひかれた。彼女を追って浜辺へ行き、永遠の愛を誓いあったが、娘がソロンゴ家のファナ(サラ・レサナ)であることを知り、悲しい宿命に愕然とするのだった。タラント家では最初反対したが、若く美しく踊りも上手なファナを見てすっかり気に入り、二人の前途を祝福した。一方ソロンゴ家では、二人の恋にあくまで反対だった。ファナの外出を禁じるばかりでなく、身内のクロとの婚約を宣伝した。二人の幸福を願うタラント家では、ソロンゴ家に過去のこと一切を水に流すことを申しいれたが、ことわられた。ファナがラファエルをあきらめないのを知ったソロンゴ家では、ジプシーの習慣に従い、クロに掠奪させることにした。ファナの連絡で事の次第を知ったラファエルは、すぐ教会で式をあげようとしたが、簡単にはいかず、クリスマス・イヴに鳩舎で会うことを約束して別れた。クリスマス・イヴの日、外出の仕度をしていたファナはクロは半殺しにされ父親との縁を切って、ラファエルのいる鳩舎に向かった。やっと会うことのできた二人だったが、追ってきたクロのために殺されてしまった。知らせをうけてかけつけたラファエルの兄は、クロを刺して仇を討った。悲しみのタラント一族の前にソロンゴがやってきた。この時初めて、両家は和解したのであった。...

作品データ

原題 Los Tarantos
製作年 1961年
製作国 スペイン
配給 東和

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第36回 アカデミー賞(1964年)

ノミネート
外国語映画賞  

他のユーザーは「バルセロナ物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi