パーティーガール
ホーム > 作品情報 > 映画「パーティーガール」
メニュー

パーティーガール

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

明るく楽しくキュートに生きたいが、大人になりきれないという“キュートイズム”を体現するヒロインの挫折と精神的成長を、諷刺を込めたユーモアとポップなビジュアルで描いた青春映画。監督はオフ・オフ・ブロードウェイの女性演出家としてロングラン舞台『ブルーマン・グループ/チューブス』などを手掛け、本作が映画デビューのデイジー・フォン・シャーラー・メイヤー。脚本は彼女とハリー・バークメイヤーの共同。製作はバークメイヤーとステファニー・コウレス。撮影はマイケル・スロヴィス、音楽はビル・コールマンがスコアを書き、ブルックリン・ファンク・エッセンャル、ディー・ライト、ランDMC などが挿入曲を提供。美術はケヴィン・トンプソン、編集はカーラ・シルヴァーマン、カラフルな衣裳はマイケル・クランシー。主演は「愛・アマチュア」のパーカー・ポージー。共演は監督の実母で、ブロードウェイなどの舞台女優サーシャ・フォン・シャーラーほか。

ストーリー

マンハッタン、ダウンタウン。24歳のメアリー(パーカー・ポージー)は、自分のアパートでレンタル・パーティーをしていたところ、警察に逮捕されてしまう。母親代わりのジュディ(サーシャ・フォン・シャーラー)の助けで釈放された彼女は、ジュディの勤める図書館で働くことになった。しかし、メアリーは仕事のことなど上の空でパーティー生活に明け暮れ、パーティー会場のクローゼットの中から高級服を盗んでしまうこともあった。そんなある日、メアリーは中近東料理のストリート・ベンダーをしているムスタファ(オマール・タウンゼンド)と出会い、彼と付き合い始める。一方、ジュディから生活ぶりについて小言を言われたことから、メアリーは自己嫌悪に陥る。だが、すぐに反省し、ムスタファとの約束も忘れて、図書館員として必要な本の整理法を習得しようとする。メアリーが約束をすっぽかしたことに腹を立てていたムスタファは、最高の図書館員になろうと頑張っている彼女の姿に感動を覚える。その夜、二人は図書館でロマンチックな夜を過ごしたが、その時の不始末が原因で彼女はクビになってしまう。家賃も払えず、すっかり落ち込んでしまったメアリー。だが、彼女の誕生パーティーに現れたムスタファとジュディの励ましに、彼女は新たな希望を胸に新生活の第一歩を踏み出し始めた。...

作品データ

原題 Party Girl
製作年 1995年
製作国 アメリカ
配給 コムストック

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「パーティーガール」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi