パーティ
ホーム > 作品情報 > 映画「パーティ」
メニュー

パーティ

劇場公開日

解説

「地上最大の脱出作戦」「銃口」のブレイク・エドワーズの原作ストーリーを、彼とトム・ウォルドマン、フランク・ウォルドマンの3人が脚色、エドワーズ自身が製作・監督したコメディ。撮影はルシエン・バラード、音楽はヘンリー・マンシーニが担当している。出演は「無責任恋愛作戦」のピーター・セラーズ、「要塞攻略戦」のクローディーヌ・ロンジェ、マージ・チャンピオン、スティーヴ・フランケン、フェイ・マッケンジーなど。

ストーリー

インドの舞台で活躍していると称する名優フルンデぃ・V・バクシ(ピーター・セラーズ)が映画出演のためハリウッドに招かれた。が、すべて慌ただしいハリウッドとはなんとなくソリがあわず失敗の連続。セットを破壊するにいたっては、撮影所長のフレッドも怒り、二度とバクシをハリウッドでは使わないと宣言した。ちょうど、撮影所長が主催するパーティの招待客を厳選しているところだった秘書は、まちがってバクシの名前を名簿に入れてしまった。招待状を受け取ったバクシは、撮影所長の怒りもとけたものと、大喜びだった。さてパーティの当夜。売出し中の女優ミシェル(クローディーヌ・ロンジェ)、プロデューサーのデュボットなど、野心的かつ個性的なハリウッド人種が続々と会場に詰めかけた。バクシも正装して出かけた。風変わりとか奇抜を好むといわれるハリウッド式パーティだが、バクシの出現は、それをはるかにうわまわるものだった。次から次へとトラブルを起し、そのためにミシェルはデュボットに見放され、女優を断念しなければならないはめにまでおちいってしまった。そんなこととは知らず、バクシは、泣いているミシェルを慰めた。フレッドの娘モリーがサイケ調に塗った子像を引っぱりこんだ時から、パーティは最悪の状態となった。神聖な像になんたる不謹慎。バクシは皆を説得し、室内プールで子像を洗うことになった。が、石鹸の泡が邸と庭園にあふれ、てんやわんや。翌朝、パーティの果てた邸は正に修羅場と変じていた。この頃になって、デュボットとフレッドは、バクシの本体に気づいた。が、当のバクシはミシェルと意気投合、彼女をエスコートして、愛車に乗って退散していった。...

作品データ

原題 The Party
製作年 1968年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
1.5 1.5 (全1件)
  • 忘れかけていたハリウッド式風刺コメディ。 昔、子供の頃にテレビの洋画劇場で見た時は、インド人俳優を演じるピーター・セラーズのコメディ演技に興趣が尽きなかったものだが、今見返してみると何がそんなに面白かったのか不明である。その頃は特に笑い... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2017年12月19日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「パーティ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi