血と砂(1922)
ホーム > 作品情報 > 映画「血と砂(1922)」
メニュー

血と砂(1922)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「黙示録の4騎手」の原作者として広く知らるるスペイン文豪ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス氏の同名の小説を長らくメトロ社に脚色部長として在社し「黙示録の4騎手」「征服の力」等の名作を現したジューン・メイシス女史が脚色し、「三銃士(1921)」「奇傑ゾロー」「性」及びエニッド・ベネット映画の監督者として名高きフレッド・ニブロの監督したもの。主役は「シーク」「海のモーラン」「黙示録の4騎手」「征服の力」等に出演した米国第一の人気者ルドルフ・ヴァレンティノ氏で、相手役は「魂の入れ替」「屋上の椿事」出演のライラ・リー嬢と「狂える悪魔」「人生」等出演のニタ・ナルディ嬢である。その他パ社の名悪役ウォルター・ロング氏や「奇傑ゾロー」のジョージ・ベリオラット氏、ロバート・マッキム氏夫人たるドーカス・マシューズ嬢等が共演している。米国に於いて大々的に好評を博した映画である。

ストーリー

ファン・ガラルドはスペインに小村に生まれた貧しい子供じあったが野心に燃え又浪漫的な彼は名闘牛師とならんと志した。地方の闘牛場は数回の成功を重ねた彼はやがてセヴィルの都に表れた。しこうして彼は忽ちにしてスペインの花として謳わるるに至った。闘牛場に彼が益々名声を博していた時彼の勇姿に惹き付けられた者は情熱の女ドナ・ソールであった。ソールの艶姿は一歩々々とファンの魂を奪った。ファンは全く彼女に魅せられてしまった。しこうして彼はまだ名声を博しないうちに結婚した幼友達にして且つ糟糠の妻たるカルメンと彼との間には深い溝が穿たれた。然しファンの歓楽は忽ちにして過ぎ去った。ソールは直ぐにファンに倦いて彼を棄ててしまった。カルメンも彼は許してはくれなかった。彼は自暴となった。光栄ある闘牛の日に彼狙いを外して猛牛の角に突かれた。彼の最後の息を溜らす時に妻のカルメンは彼を許した。場内からは新しき闘牛師を喝采する声が聞こえてくる。...

スタッフ

監督
脚本
ジューン・メイシス
原作
ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス
撮影
アルヴィン・ワイコフ

作品データ

原題 Blood and Sand
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

血と砂
血と砂
2013年12月27日
¥206
DMM.com

他のユーザーは「血と砂(1922)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi