タンタンと水色のオレンジ
ホーム > 作品情報 > 映画「タンタンと水色のオレンジ」
メニュー

タンタンと水色のオレンジ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

世界の飢餓を救う水色のオレンジをめぐる冒険を描いたファンタジー。60年代フランスで子供たちに人気を博したヒーロー、タンタンの活躍を描いたエルジェの冒険小説『タンタンとミロー』(全19作)の映画化。主演は「タンタンとトワゾンドール号の神秘」のジャン=ピエール・タルボ。監督はフィリップ・コンロイエ、撮影は「タンタンとトワゾンドール号の神秘」のジャン・バダル。出演はタンタンの相棒ハドック船長に「夏に抱かれて」などの名優ジャン・ブイズ、ターンソル教授にフェリックス・フェルナンデスほか。

ストーリー

タンタン(ジャン=ピエール・タルボ)の友人ターンソル教授(フェリックス・フェルナンデス)はテレビで世界の食糧問題について語った。放映後、彼が受け取った多くの手紙の中にザルメア教授の送ってきた水色のオレンジがあった。ところがその夜のうちにオレンジは何者かに盗まれた。オレンジは世界の柑橘類栽培に革命をもたらす代物だったのだ。タンタン、名犬ミロー、ハドック船長(ジャン・ブイズ)、ターンソル教授は謎の解決のため、スペインはバレンシアへ。ところが、ザルメア教授に続いて、ターンソル教授も誘拐され、タンタンとハドック船長が疑いをかけられる。二人は疑惑を晴らすため、ストリートの子供たちの協力を得て調査を進め、事件の背後にドラゴンの刺青の男がいるのを知った。二人は不意打ちをくらい、貯水槽に沈められるが、ミローの機転で救われた。黒幕は港にヨットを放っているサディク将軍だった。さて、誘拐された教授二人は厳しい監視のもと、“オレンジ・コーポレッド”なるトラストの会計をやらされたが、二人で情報交換しながら実験もできるので気分は明るい。二人はこっそり送信機をつくり、メッセージを送る。タンタンらは二人が風車小屋にいるのを知って急行するが、一足遅く、教授たちはサディックにさらわれていた。アラブに広大な砂漠を持つ彼は、水色のオレンジでひともうけをたくらんでいたのだ。タンタンはサディックの船へ向かい、悪党たちを片付けて教授二人を助けた。教授たちは水色のオレンジを世界に発表し、タンタンたちは喜びあうのだった。...

作品データ

原題 Tintin et les oranges bleues
製作年 1966年
製作国 フランス
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 101分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「タンタンと水色のオレンジ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi