太陽を盗め
ホーム > 作品情報 > 映画「太陽を盗め」
メニュー

太陽を盗め

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「電撃フリント」のジェームズ・コバーン主演のアクションドラマである。製作はマーティン・マヌリス。ストーリーはドナルド・キャメル、ハリー・ジョー・ブラウン・ジュニア、ピエール・ド・ラサールの共作でそれをキャメルとブラウンが脚色、「007/カジノ・ロワイヤル」のロバート・パリッシュが監督した。撮影は「パーマーの危機脱出」のオットー・ヘラー、音楽はアーニー・フリーマンが担当している。共演者は「召使」のジェームズ・フォックス、「第七の暁」のスザンナ・ヨーク、「うたかたの恋」のジェームズ・メイスン等演技達者がそろっている。

ストーリー

イギリス有数の海運業者J・C・カルバート(ジェームズ・メイスン)の息子アントニー(ジョン・アルダートン)は、ワンマンな父親の金を盗む計画に余念がなかった。その彼の100万ポンド強奪作戦に、兄のステファン(ジェームズ・フォックス)が1枚加わった。そして、彼らとステファンの恋人セゴリーン(スザンナ・ヨーク)、彼女の紹介で加わったヒッピー芸術家ダフィー(ジェームズ・コバーン)の4人で、計画は実行されることになった。いよいよ、100万ポンドを積んだオシリス号出航の日。ステファン、セゴリーン、そして途中からダフィーとそれぞれ変相をして乗り込んだ。アントニーは半マイル後方から釣船でついに来ていた。やがて、潜水服を着て仮面をつけた一行はまんまと強奪に成功。ダフィーとセゴリーンは海底に現ナマの袋を沈め、ステファンはポンドの両替を交渉に行った。ところがその時ダフィーは意外な事実を知る。この作戦を聞いたカルバートが、セゴリーンとともに裏で、保険金目当ての大芝居をうっていたのだった。そこでダフィーは、奪った現ナマを皆の見ている前で警官に引き渡し、礼金を受けとってゆうゆうと去って行った。...

作品データ

原題 Duffy
製作年 1968年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「太陽を盗め」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi