ゼブラ軍団
ホーム > 作品情報 > 映画「ゼブラ軍団」
メニュー

ゼブラ軍団

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ベトナム帰りの男達が組織(シンジケート)を相手に戦うアクション。製作はジョー・トーネトールとラリー・プライス、監督・脚本はJ・トーネトール、撮影はロバート・マックスウェル、音楽はチャールズ・アルデンが各々担当。出演はティモシー・ブラウン、グレン・ワイルダー、リチャード・X・スラタリー、マイケル・レイン、アンソニー・カルーソなど。

ストーリー

デトロイトの大ボス、サルバトーレ(アンソニー・カルーソ)の息子の経営する賭博場。大爆音と共に、突然8人の黒人がマシンガンを乱射させて乱入した。この事件を知らされたサルバトーレは、息子の復讐を誓い、右腕のカーマイン(マイケル・レイン)を仇討ちに送り込んだ。一方、8人の黒人=ゼブラ軍団のアジトでは、ジョンソン(ジーン・ワイルダー)が部下の戦功を犒っていた。彼は、片腕で足の不自由な顔にヤケドを負った白人だ。そして部下達も白人だったのだ。その頃、カーマインはこの地区をとりしきるボスの元にいた。彼は、このゼブラ軍団のしわざを敵対する組織によるものと思っていた。まさに、ジョンソンの思惑通りだ。だが、ヘロイン取引場、ノミ屋と、ゼブラ軍団は次々に襲っていく。焦るカーマインは、敵対する組織にもぐり込むが、ゼブラ軍団の存在は謎だった。やがてゼブラ軍団のアジトでは最後の打ち合せが行われていた。目標は、この地区のボス邸で行われる麻薬の取り引きだ。攻撃は開始される。だが、ゼブラ軍団の仲間が1人、組織の手におちた。そして、彼よりアジトを聞き出したカーマインは、部下をつれ、ゼブラ軍団襲撃にかかった。マシンガンがうなり、手榴弾が飛びかう。生き残りはジョンソン以下3名だけだ。やがて部下と別れたジョンソンは、安ホテルに戻る。片腕のはずの彼は両手で顔を洗い、白い肌は黒くなった。「畜生、やっぱり黒人の方がいいぜ」。彼はジョンソンでなく、かつての軍隊の部下ジョン(ティモシー・ブラウン)だったのだ。翌日、空港ロビーを歩く彼の姿があった。...

作品データ

原題 Zebra Force
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi