ジンギス・カン(1965)
ホーム > 作品情報 > 映画「ジンギス・カン(1965)」
メニュー

ジンギス・カン(1965)

劇場公開日

解説

バークリー・メイサーの原作をクラーク・レイノルズとビヴァリー・クロスが共同で脚色、「不思議な世界の物語」のヘンリー・レヴィンが監督した歴史アクション。撮影は「ベケット」のジョフリー・アンスワース、音楽は「長い船団」のデュッシャン・ラディックが担当した。出演は「黄色いロールスロイス」のオマー・シャリフ、「ローマ帝国の滅亡」のスティーブン・ボイド、「女が愛情に渇くとき」のジェームズ・メイスン、「勝利者(1963)」のイーライ・ウォラック、「柔らかい肌」のフランソワーズ・ドルレアック、ほかにテリー・サヴァラス、ロバート・モーリー、マイケル・ホーダーンなど。

ストーリー

800年前のモンゴルは諸部、氏族がたがいに争いあっていた。テムジン(オマー・シャリフ)はそんな激動の世に育った逞しい青年だった。父が某族の首長ジャムガ(スティーブン・ボイド)に四肢裂きの刑に処せられたのを目撃してから、野望を抱くようになった。同じ民族が争うのは愚かしいこと、俺の力で統合を試みよう、と決心したのである。テムジンは徐々に同志をふやした。それでもシナ皇帝の使節カム・リン(ジェームズ・メイスン)に連れられて万里の長城の偉容を見せられたときは驚きを禁じ得なかった。皇帝はテムジンたちを手厚くもてなしたが、態のいい虜囚であった。テムジンの勢力を恐れたのである。ある日、満州族がポンペイを占領、北京に迫っているとの報告がもたらされた。テムジンはこの機を利用して兵力を増強、同時に満州族を討とうと考えた。満州族の先頭に立っている男は例のジャムガであった。テムジンの勝利に終わった。それを祝い、皇帝は彼にジンギス・カンという名を贈った。しかし皇帝はモンゴル人を長城の外に出そうとはせず、ジャムガにジンギス・カンを殺させようとした。その直後カム・リンはこれをジンギス・カンに内報、皇帝暗殺を暗示した。テムジンはそれを実行し、一挙に城外へなだれ出た。ジャムガも単身混乱を利用して逃れた。カム・リンとテムジンの絆は固く結ばれた。シナ、ロシヤ、インド、サマルカンドと、ジンギス・カンの前に敵はなかった。そしてペルシャに向かった。そのぺルシャではジャムガが巧みに王にとり入りジンギス・カンを迎え撃とうとしていた。そしてジャムガは、ジンギス・カンに倒され、彼も深手を負ってしまった。妻ボルティ(フランコイズ・ドレアック)の手を握って死んでいった。...

作品データ

原題 Genghis Khan
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ジンギスカン (字幕版)
ジンギスカン (字幕版)
2014年9月18日
¥300
Google Play

他のユーザーは「ジンギス・カン(1965)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi