ジャズ・シンガー(1927)
ホーム > 作品情報 > 映画「ジャズ・シンガー(1927)」
メニュー

ジャズ・シンガー(1927)

解説

「シンキング・フール」に先んじて制作されたアル・ジョルソン氏第一回主演映画でサムソン・ラファエルソン氏作の舞台劇に基づき「猫とカナリヤ」「最後の警告」のアルフレッド・A・コーン氏が脚色し「マノン・レスコオ」「我れ若し王者なりせば」のアラン・クロスランド氏が監督し、「ノアの箱船」「最後の警告」のハル・モーア氏が撮影したもの。助演者は「昼閑夫人」「犠牲」のメイ・マッカヴォイ嬢、「支那街の夜」「巨人」のワーナー・オーランド氏、オットー・レデラー氏、ユージェニー・ベッセラー嬢、ナット・カー氏、リチャード・タッカー氏等である。

ストーリー

東部ニューヨークのユダヤ街の教会に代々讃美歌の主唱をつとめているラビノウィッツ家に生れたジェーキーは堅苦しい世襲の業を嫌って華やかな舞台に憧れをいだいていた。それを知った昔気質の父親は怒りのあまり彼を勘当してしまった。数年後ジェーキーは天性の美声をもってジャズ・シンガーとなりジャック・ロビンという芸名でシカゴの舞台に立った。そしてようやく彼の天分が知られて来たころ、同じ劇場に働いていた女優メリー・デールと甘い恋のささやきを交わすようになった。メリーはジェーキーをニューヨーク、ブロードウェイの桧舞台に立たせて一流のジャズ・シンガーにさせたいと種々手づるを求めた結果、ようやくブロードウェイの一流劇場に出演する契約がととのった。かくて幼き頃ジェーキーが夢見ていた空想はここに実現し、故郷ニューヨークへ錦を飾って帰ることができた。やがて彼とメリーとを主役とした斬新奇抜な大レヴューの初日は来た。丁度その日はユダヤ教にとって最も厳粛な式の行なわれる「償いの日」であった。ところが肝腎のラビノ・ウィッツは重病で晴れの主唱をつとめることができなかった。主唱は教則で世襲の相続者でなくてはできないものであった。これに老いた母親は狭い女の胸を痛め、ジェーキーを劇場の楽屋に訪れて主唱の役を務めてくれと頼んだ。しかし彼としては母に従えば恐らく今後掴むことのできぬ好機会を逸した上に恋人の好意を無にすることになり、また母を拒んで舞台に立てば肉親に背かねばならず、義と情と、愛と功名心とに喘ぎ苦しんだが、たとえ再び舞台を踏むことができなくなるとしても年老いた母親に従わずにはいられなかった。彼が聖典に列すべく教会へと去ったため劇場は開演することができなかった。が涙ぐましき彼のやさしき心情が世間に知れ渡るとそれがいい宣伝となって再び劇場に出演することができてメリーと共に出演するや彼の天分は一躍ジャズ・シンガーの王座を占めることができた。...

作品データ

原題 The Jazz Singer
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第1回 アカデミー賞(1928年)

ノミネート
脚色賞 アルフレッド・A・コーン
技術効果賞 Nugent Slaughter

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ジャズ・シンガー(1927)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi