シティー・オブ・フューリー 野獣たちの挽歌
ホーム > 作品情報 > 映画「シティー・オブ・フューリー 野獣たちの挽歌」
メニュー

シティー・オブ・フューリー 野獣たちの挽歌

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

明日を夢見た親友三人が、犯罪、そして裏切りによって互いに反目しあい、友情が崩れていくさまを描いたハード・アクション。男と男の強い絆だけでなく、愛や裏切りによって怒りに燃える男の姿をストレートに描いている。主演の三人を演じるのは、「ファイアー・ドラゴン」「皇家戦士」のマイケル・ウォン、「男たちの挽歌」「大丈夫日記」など一連のツイ・ハーク作品で活躍するレイ・チーホン、そして元刑事で、俳優業のみでなく監督・脚本もこなすフィリップ・チャンの三人。共演は、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のブルース・マン、香港美女ベネッサ・エレン・チャン、キャリー・ンなど。監督はアクション指導監督を経験したのちに監督となった俊英のシルヴェスター・ウォン。

ストーリー

ラッキー(マイケル・ウォン)、チートー(レイ・チーホン)、そしてチック(フィリップ・チャン)の三人は、子供の頃から兄弟のように強い絆で結ばれていた。三人は、チートーの従兄弟のチャン(チャン・スー・クウェン)の斡旋で台湾シンジケートと偽札の取り引きをしようとしていた。しかし、チャンは彼らを裏切り、警察へ密告した。取り引きの夜、三人とチャンは、ワゴン車にラッキーの妻・ヨーモイを残し、現場へ向かうが、そこを警察に踏み込まれ、激しい銃撃戦の末、ヨーモイに助けられどうにか脱出する。しかし、逃走の途中で怪我をしたラッキーが警察に捕らえられてしまう。逃走用の船に乗ったチートー、チック、チャン、ヨーモイの4人だったが、かつてヨーモイの恋人であったチートーは、彼女への想いから復縁を迫った。それに怒ったチックは、チートーに銃を向けるが、逆にチャンに撃たれ、暗闇の海に消えていった。半狂乱のヨーモイもチャンに打ち殺されてしまう。数年後、刑を終えて刑務所から出てきたラッキーをチートーが迎えた。彼はラッキーに、チックは逃走中に死に、ヨーモイは行方不明になったと伝える。一方、チャンに撃たれながらも九死に一生を得たチックは、息子のウェン(ブルース・マン)を従えて、自分を殺そうとしたチャンとチートーに復讐するために香港に戻ってきた。その夜、レストランでチートーがウェンに狙撃され、ラッキーはチートーが撃たれたことで、彼の態度に疑問を持ちはじめる。さらに、チックが香港に戻ってきたことに気付いたチャンは、チック親子を殺すべく刺客を送るのだった。ラッキー、チートー、チックの三人の思惑はさまざまに絡み合い、さらにラッキーまでも殺そうと企むチャンの存在もあって、彼らの運命は次第に狂っていく。...

作品データ

原題 Fury 情義心
製作年 1988年
製作国 香港
配給 松竹富士

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「シティー・オブ・フューリー 野獣たちの挽歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi