「悲劇と喜劇のタンゴ」サンタ・サングレ 聖なる血 みつまる。さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

サンタ・サングレ 聖なる血

劇場公開日 1990年1月27日
全2件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

悲劇と喜劇のタンゴ

アレハンド・ホドロフスキー監督は自身の作品を、悲劇と喜劇がタンゴを踊っているようなものだと語っていたが、本作を見てそれが少し分かったような気がします。
異端者や不具者たち(小人や大女など)を愛してやまないそのALMA(魂)は、 フェデリコ・フェリーニを発端に、ホドロフスキーを経由し、デビッド・リンチへと受け継がれて行ったんだなと思う。
ただし本作はアルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』の焼き直しでもあった。
浮気性で奔放な父親と、悪趣味な宗教に没頭する嫉妬深い母親の間に生まれた男の血の悲劇。
両腕のない聖女、聾唖の少女、全身に入れ墨を入れた女、そして何かを暗示する鳥たち…。
強烈な個性同士が激しくぶつかり合う。
毒々しいまでの極彩色に彩られたエキセントリックな世界観に悪酔いし、両腕のない母親と手の代わりとなる息子との二人羽織りに思わず失笑。

みつまる。
さん / 2015年4月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi