サイボーグコップ3
ホーム > 作品情報 > 映画「サイボーグコップ3」
メニュー

サイボーグコップ3

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マーシャル・アーツのスターがその筋肉を活かし、サイボーグに扮して活躍する人気B級近未来アクション・シリーズの第3作。第1・2作の主演・監督コンビ、デイヴィッド・ブラッドリーとサム・ファーステンバーグに代わり、元レスリングのチャンピオン、『シャドー・チェイサー』(V)シリーズのフランク・ザガリーノと「ネバー・セイ・ダイ/地獄のデルタフォース」のヨッシ・ウェインが起用され、物語の設定にも変更が加えられた。製作には同作のほか本シリーズに関わるヌー・イメージ社の常連スタッフ、アヴィ・ラーナー、ダニー・ディムボート、トレヴァー・ショート、ダニー・ラーナーが参加。脚本はデニス・ディムスター・デンクとジェフ・アルバート、撮影はロッド・スチュワート(同姓同名の歌手とはもちろん全く無関係)、音楽はサム・スクレイア、編集はマック・エリントン、美術はリース・リドリーがそれぞれ担当。共演はブライアン・ジェネス、ジェニファー・ミラーほか。

ストーリー

セイント(フランク・ザガリーノ)とマックス(ブライアン・ジェネス)はFBIのはずれ捜査官コンビ。ある日、人気ニュースキャスターのイヴリン(ジェニファー・ミラー)と知りあった二人は、彼女が追跡取材していた科学企業・デルタ技研の恐るべきプロジェクトとそれにまつわる事件に巻き込まれる。社長シーン(イアン・ロバーツ)の命令のもと、フェルプス博士(マイケル・ブラナー)の手で、戦闘用サイボーグが秘密裏に開発されていたのだ。それは放射能に強い血漿の開発から発展したもので、シーンはその理論から新しいサイボーグを生み出したのだった。危険なこのプロジェクトを世間から隠蔽するため、アダムと名付けた無敵のサイボーグを繰り出して関係者を次々に葬るシーン。イヴリンは結局つかまり、サイボーグ、“イヴ”として改造され、彼女を助けに来たセイントとマックスに襲いかかるが、寸前で倒れる。かくしてセイントらはデルタ技研を襲撃・破壊、炎上する研究所の中でシーンは焼死し、二人はそこを後にした。...

作品データ

原題 Cyborg Cop III
製作年 1994年
製作国 アメリカ
配給 コムストック

提供:株式会社キネマ旬報社

「サイボーグコップ」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi