サイボーグ・コップ
ホーム > 作品情報 > 映画「サイボーグ・コップ」
メニュー

サイボーグ・コップ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

グレッグ・ラター原作の“Blood_Knot”というショート・シナリオを基に、科学者に捉えられサイボーグにされた兄を救い出す主人公の活躍を描くSFアクション。監督はショー・コスギ主演の“Revenge_of_Ninja”、「デルタ・フォース」などのサム・ファーステンバーグ。製作は「キング・ソロモンの秘宝」のダニー・ラーナー。撮影は「デルタ・フォース」のジョゼフ・ウェイン。美術は「デス・リバー 失われた黄金都市」のジョン・ローズウォーン。SFXは「レッド・スコルピオン」のジャニー・ウィーナンド。音楽は「暴走機関車」のポール・フィッシュマンがそれぞれ担当。

ストーリー

元麻薬捜査局のメンバー、ジャック・ライアン(デイヴィッド・ブラッドリー)の自宅に、兄フィリップ(トッド・ジェンセン)からの手紙と、カモフラージュされたコカインの包みが送られてくる。フィリップも麻薬捜査官で、カルブ海のキース島へ調査に行ったきり消息を絶っていたのだ。兄を追い、ジャックは単身島へと向かう。一方、島ではサイボーグ製造に成功した科学者のケッセル(ジョン=リス・デイヴィス)が、フィリップを殺人サイボーグに改造、大統領暗殺の兵器として要人に高く売り付けようと企んでいた。キース島に到着したジャックは、ブゥードウ教の取材にやってきていた美人レポーターのケイト(アロナ・ショウ)と出会い、結ばれる。フィリップを探して死体置き場に赴いた二人はケッセルの手下に襲われ、ケイトが連れ去られてしまう。ケッセルの屋敷に忍びこんだジャックの前に殺人機械と化したフィリップが出現する。だがフィリップは完全に洗脳されていたわけではなく、ジャックの説得で人間としての自我を取り戻す。そしてフィリップは、ケッセルとサイボーグ1号機クインシーと闘い、敵を倒すが自らも命を失う。屋敷から出たジャックとケイトは、まだ機能停止していなかったクインシーに襲われるが、これを倒すのだった。...

作品データ

原題 Cyborg Cop
製作年 1992年
製作国 アメリカ
配給 コムストック

提供:株式会社キネマ旬報社

「サイボーグコップ」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi