恋する予感
ホーム > 作品情報 > 映画「恋する予感」
メニュー

恋する予感

劇場公開日

解説

女優を志す少女をめぐる、舞台の裏側の人間模様を描いたドラマ。監督は「魅せられて9月」のマイク・ニューウェル、脚本はベリル・ベインブリッジの原作を基に、チャールズ・ウッドが執筆。出演は新鋭のジョージナ・ケイツ、「クローズ・マイ・アイズ」「いつか晴れた日に」のアラン・リックマン、「9か月」のヒュー・グラントほか。

ストーリー

リヴァプール。1949年。叔父夫婦に育てられた16歳の少女ステラ(ジョージナ・ケイツ)は、女優を志して劇団の下働きをはじめる。彼女は研究生として、スマートな演出家メレディス(ヒュー・グラント)の助手となる。ステラは彼に恋するが、実はメレディスはゲイで、そのうえ新人男優を誘惑しては捨てる冷たい男だった。そんな折り、看板俳優が舞台で骨折。劇団はかつての名優オハラ(アラン・リックマン)を呼び寄せる。彼がフック船長に扮した『ロビン・フッド』は大成功。クリスマスのパーティーで、ステラはオハラにダンスに誘われ、その夜彼に処女を捧げる。オハラはなぜかステラにご執心だったが、彼女はメレディスに未練があった。外泊が多くなった姪を心配し、叔父のヴァーノンは劇団を訪れ、メレディスに不安を打ち明ける。元日、親善サッカーの最中、メレディスは冷たくして捨てた研究生のジェフリーに殴られる。オハラはメレディスに忠告するが、彼は知らぬ顔。ステラはオハラが嫉妬していると怒って去る。オハラはその後、サッカー見物に行ってケガをしたヴァーノンを見舞いにステラの家へ。ところがそこで彼は驚くべき事実を知る。ステラの母ルネは、芸人と同棲の末、できた娘を捨てて失踪したのだが、その芸人こそがオハラで、つまり何とステラはオハラの娘だったのだ。絶望のあまり、バイクを駆り海辺へさまよい出たオハラは、あやまって海へ落ちて死ぬ。オハラの代役はメレディスが務めた。その舞台の袖で、ステラはオハラの死を知り、真相は知らぬままひとり涙するのだった。...

作品データ

原題 An Awfully Big Adventure
製作年 1995年
製作国 イギリス
配給 大映
上映時間 112分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi