クール・ワールド
ホーム > 作品情報 > 映画「クール・ワールド」
メニュー

クール・ワールド

劇場公開日

解説

ウォーレン・ミラーの原作を彼とロバート・ロッセンが戯曲化したものから、シャーリー・クラークとカール・リーが共同で脚色、シャーリー・クラークが監督した非行少年が主人公の社会ドラマ。撮影はベアード・ブライアント、音楽は作曲・編曲がマル・ウォルドロン、ジャズ演奏はディジー・ガレスピー(トランペット)、ユーゼフ・ラティーフ(サックス)、アート・テイラー(ドラム)、アーロン・ベル(ベース)らが担当した。出演はハンプトン・クラントン、カール・リー、ヨランダ・ロドリゲス、クラレンス・ウィリアムズ3世、ゲイリー・ボーリング、グロリア・フォスターほか、新人。

ストーリー

ニューヨークの黒人区ハーレム。この地区に住む14歳の黒人少年デューク(ハンプトン・クラントン)は父親を失い、売春をやっている母親と信仰ぶかい祖母との3人暮らしだ。ロイヤル・パイソンズという愚連隊に入っているデュークにとって、そのリーダーになることが彼の夢であった。ある日デュークは、クラスメートたちと卒業記念のため市内見物の遊覧バスに乗った。デュークにとって、白人教師のむずかしい演説や熱狂的な人種差別反対の演説より、コルトとルガーの違いの方が、より大事なことであった。そんなとき、デュークはプリースト(カール・リー)というギャングからピストルをあずかった。そして50ドルだせばそれを売ってやるというのだ。デュークはピストル欲しさに、数々の非行をかさねた。ある日彼等のリーダー、ブラッド(クラレンス・ウィリアムズ3世)がルーアン(ヨランダ・ロドリゲス)という女の子を連れてきた。彼女はどんな育ちの娘かもわからず、金さえ払えば誰にでも平気で身体をまかした。デュークも他の仲間たちと同様に、ルーアンと寝た。そしてふたりの間に、ほのかな愛が芽生えた。ルーアンは海を知らなかった。デュークはそんなルーアンを連れてコニー・アイランドに海を見にいった。が突然デュークはルーアンを見失った。さがしつかれてデュークは家に帰った。街では仲間が、ライバルのオオカミ団との決闘の準備をすすめていた。が、そこへギャングに追われたプリーストがやってきた。デュークはプリーストを残して、決闘に出かけた。乱闘の末、デュークはオオカミ団の首領を刺し殺した。そして部屋にもどってみるとプリーストも殺されていた。警官がデュークを捕らえた。パトカーが走っていくハーレムの街かどには、夜の客をひくデュークの母親の姿があった。...

作品データ

原題 The Cool World
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 東京第一フィルム
上映時間 105分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

クール・ワールド[DVD] クール・ワールド[DVD]
クール・ワールド[DVD] クール・ワールド[DVD]
発売日:2006年7月3日 最安価格: ¥3,447 発売日:2007年9月21日 最安価格: ¥910
Powered by 価格.com

他のユーザーは「クール・ワールド」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi