キッドナッパー
ホーム > 作品情報 > 映画「キッドナッパー」
メニュー

キッドナッパー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

無軌道な犯罪者グループが活躍するフレンチ・アクション。監督は「シューティング・スター」のグラハム・ギット。製作は「ドーベルマン」のエリック・ネヴェ。脚本はギットとネヴェ。撮影は「小さな泥棒」のドミニク・シャピュイ。音楽はマルク・コラン。美術はディディエ・ナエール。衣裳はヴィルジニー・モンテル。出演は「シューティング・スター」のイザーク・シャリーとメルヴィル・プポー、「天使が見た夢」のエロディ・ブシェーズほか。

ストーリー

南仏の刑務所。釈放された金庫破り・アルマン(メルヴィル・プポー)は、恋人のクレール(エロディ・ブシェーズ)にそそのかされ、マフィアのボス、メッシーナ(エリ・カクー)の依頼でリトアニア人の屋敷から2000万フランを盗むことになる。ところが、現金のあるはずの金庫には奇妙な小像しかない。ついでに一人の男を人質にとるハメに。彼らは小像を差し出してメッシーナと交渉。実はメッシーナはリトアニア人に脅され、「リトバク王子」を返せと言われていたのだ。リトバク王子はアルマンたちがさらった男だったらしい。それを知ったアルマンたちも、男をタテに金を要求。事態はニ転三転し、結局リトアニア人がメッシーナをだまそうとしていたことが発覚。「リトバク王子」は金庫に入っていた小像で、それは貴重な化石だったのだ。血みどろの争いの末、結局生き残ったのはアルマン、クレール、ゼロだけだった。アルマンとクレールはメッシーナ一族が全滅したことに気づき、メッシーナの屋敷にしのびこんで大金をせしめる。こうして、誘拐騒動は奇妙なハッピーエンドを迎えるのだった。...

作品データ

原題 Les kidnappeurs
製作年 1998年
製作国 フランス
配給 コムストック
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「キッドナッパー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi