彼女はハイスクール・ボーイ
ホーム > 作品情報 > 映画「彼女はハイスクール・ボーイ」
メニュー

彼女はハイスクール・ボーイ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

男女平等を主張し、ある日突然性別を変えて男子校に入学した女の子が捲き起こす騒動を描く青春映画。製作はアンドリュー・フォーゲルソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェフ・フランクリン、監督はこの作品がデビューとなるリサ・ゴットリーブ。デニス・フェルドマンの原案を基にフェルドマンとジェフ・フランクリンが脚色。撮影はジョン・マクファーソン、音楽はトム・スコットが担当。出演はジョイス・ハイザー、クレイトン・ローナーなど。

ストーリー

18歳のテリー(ジョイス・ハイザー)は、ミニ・スカートのよく似合う、エドウィン・パール・ハイスクールの人気者だ。ボーイ・フレンドのケヴィン(レイ・マクロスキー)の車で学校に行くと、新聞サン・トリューンのジャーナリスト・コンテストから、自分の記事がはずされたことを知る。相談員の先生につめ寄るが、逆に女の子だということがハンディになっていることを思い知り、ショックを受ける。男の人生にチャレンジしようと決意した彼女は、男装して、次の週からは、となりのスタージェス=ワイルダー・ハイスクールに入学してしまう。初日そうそう、内気そうなリック(クレイトン・ローナー)という親友ができるテリー。テリーのアドバイスでイメージ・チェンジに成功したリックは、悪ガキのグレッグ(ウィリアム・ザブカ)のステディ、グラマーなデボラ(デボラ・グッドリッチ)に接近する。が、グレッグが黙っているはずがなく決戦ムードが高まる。テリーのはげましで見事グレッグを倒したリックは、デボラといいムード。テリーは、内心、気が気でない。やがて海辺のプロムナードの時期になる。リックはデボラと踊っている。そこヘグレッグが突入、リックにパンチを加える。とめに入ったテリーは、海に投げ込まれた。リックへの愛に気がつくテリー。びしょ濡れのまま、リックに告白する、「私、女の子なの…」。茫然とするリックにキスをする彼女。パール・ハイスクールに戻ったテリーは、体験リポートをタイプし、それがコンテストで絶賛される。しかし失恋の痛手は大きい。ある日、ドレス・アップして街を歩いていたテリーは、目の前にリックの笑顔を見るのだつた。...

作品データ

原題 Just One of the Guys
製作年 1985年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「彼女はハイスクール・ボーイ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi