イタリア式愛のテクニック
ホーム > 作品情報 > 映画「イタリア式愛のテクニック」
メニュー

イタリア式愛のテクニック

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィリバル・エセルの原案を、カステラーノとピポロが共同で脚本化し、ルチアーノ・サルチェが監督したコメディ。撮影はエリコ・メンツェル、音楽は「夕陽のガンマン」のエンニオ・モリコーネが担当。出演は「目をさまして殺せ」のロベルト・ホフマン、新人ロミナ・パワー、エルザ・マルティネッリ、ナジャ・ティラーほか。

ストーリー

南イタリアの著名な避暑地。生れながらにして女にもてる魅力を身につけているような学生ロベルト(R・ホフマン)は十九歳になったばかりだ。彼はそこにある湖で、アルバイトに救助員をやっていた。その彼がイレーネ(R・パワー)と知りあって遊んでいたまではよかったが、火遊びが校長夫人にまで及ぶとあって、ついに学校から放り出される破目になった。間もなく彼は自動車整備の仕事を見つけ、早速カー狂のモニカ(E・マルチネリ)と仲良くなった。そしてグランプリ・レース出場となったが、レース中、ひどい露出癖のモニカに悩まされた彼は、一目散に逃げ出した。今度は高級自動車セールスマン。次いでモードの店を経営する男爵夫人ローラ(N・ティラー)と一夜を過し、その店の支配人兼宣伝係におさまった。そんなロバルトを彼に未練をもつイレーネが追っていた。ファッション・ショーの日、彼はそのイレーネの悪戯で散々な目にあい、ほうほうの体で脱出するのだった。彼を救ったのは核研究所に働く女性科学者マルコス博士で、ふたりは楽しい三日間をおくった。そしてロベルトはイレーネに再会した。彼女の新鮮な魅力は、いつしかロベルトの心をとらえていた。...

作品データ

原題 Come Imparai Ad Amare Le Donne
製作年 1966年
製作国 イタリア
配給 大映

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi