アラモベイ
ホーム > 作品情報 > 映画「アラモベイ」
メニュー

アラモベイ

劇場公開日

解説

テキサスの小さな漁村を舞台に地元の漁民とヴェトナム難民の対立を描く。製作・監督は「プリティ・ベビー」のルイ・マル、共同製作はヴィンセント・マル、エグゼクティヴ・プロデューサーはロス・ミロイ、脚本はアリス・アーレン、撮影はカーティス・クラーク、音楽はライ・クーダー、編集はジェイムズ・ブルースが担当。出演はエイミー・マディガン、エド・ハリスほか。

ストーリー

1970年代末、テキサスのアラモ・ベイ(湾)。ディン(ホー・ニュエン)という名のヴェトナム人の若者が、ヴェトナム移民が多く住むこの町にやって来た。ここの難民たちを保護し雇っているのがウォリー(ドナルド・モファット)とグローリー(エイミー・マディガン)父娘であった。エビ漁をしきっている彼らは、低賃金でよく働く難民たちに好意を抱いていた。ディンも早速この父娘の元で働くようになる。だが一方、白人の漁師たちは難民たちの侵入に不満を抱き白い眼を向けていた。シェーン(エド・ハリス)も、そんな白人漁師の1人であった。彼は“アメリカン・ドリーム・ガール号”という船を持っていたが、生活は苦しく、妻ともうまくいっていない。唯一の気ばらしは、かつての恋人グローリーとベッドを共にすることだった。こんなアラモ・ベイに目をつけたのが、白人優先、有色人種排撃を旗印にするKKK(クー・クラックス・クラン)であった。町にやって来たKKKの代表者は、漁師たちをたきつけ、ヴェトナム人を追い出すように説得を始めた。シェーンが借金のかたに“アメリカン・ドリーム・ガール”を差し押さえられ海上では彼がヴェトナム人に発砲するという事件がおきた。この一件をきっかけに白人とヴェトナム人の対立が激化した。そんな矢先、ウォリーが持病の心臓発作が悪化し入院した。グローリーは、煽動の立て役者になったシェーンと別れる決心をする。やがて白人の激しい攻撃に耐えられなくなった難民たちは、アラモ・ベイを出てゆくことになる。しかし、ディンだけは残った。彼はグローリーと2人で白人たちに抵抗した。夜明け、グローリーのいない間にディンを襲うシェーンたち。ディンが傷つき絶体絶命の直前、グローリーがかけつけシェーンに発砲した。かつて愛した男を殺したグローリーの瞳に涙が……。...

作品データ

原題 Alamo Bay
製作年 1985年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

フィールド・オブ・ドリームス[DVD] フィールド・オブ・ドリームス[Blu-ray/ブルーレイ] U.S.プラトーン[DVD] 希望のちから[DVD]
フィールド・オブ・ドリームス[DVD] フィールド・オブ・ドリームス[Blu-ray/ブルーレイ] U.S.プラトーン[DVD] 希望のちから[DVD]
発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥906 発売日:2013年11月6日 最安価格: ¥1,201 発売日:2008年8月6日 最安価格: ¥4,093 発売日:2016年8月2日 最安価格: ¥982
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi