悪魔のサバイバル
ホーム > 作品情報 > 映画「悪魔のサバイバル」
メニュー

悪魔のサバイバル

劇場公開日

解説

深い森の中のログ・キャヴィンに入り込んだ若者たちの恐怖の体験を描くホラー。製作・監督・原案はニコ・マストラキス、エグゼクティヴ・プロデューサーはイザベル・マストラキス、脚本はロバート・ギリアムとフレッド・C・ペリー、撮影はスティーヴ・ショウ、音楽はスタンリー・マイヤーズ、編集はジョージ・ローゼンバーグが担当。出演はダニエル・ハーシュ、ケリー・マローニイ、ジェアード・モーゼスほか。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は菊地浩司。テクニカラー、ビスタサイズ。1986年作品。

ストーリー

ウィーク・エンド・サヴァイヴァル・ゲームのサーキット場。スティーヴ(ダニエル・ハーシュ)、ラリー(ジェアード・モーゼス)、リップ(トム・シェル)の3人組のチームの名は“ゼロ・ボーイ”。チャンプである彼らは、そこからの帰り道、トリッシュ(クリスタル・カーソン)、スー(ニコル・リオ)のガールフレンドを乗せ、南カリフォルニアの山中へとツーリングに出た。ジェレミーは森の中を必死で逃げる女を見たような気がした。やがて夜を迎え、人気のないログ・キャヴィンを発見した彼らは、気軽な気持ちで立ち寄ったが、これがとんでもない恐怖へと彼らを捲き込むことになった。ラリーとトリッシュは、メイク・ラブの最中、天井から何者かに覗かれ、スティーヴたちは、外で人骨を見つける。怖じ気づいた彼らはログ・キャヴィンを後にしようとするが、折からの豪雨で足止めされてしまう。ゼロ・ボーイたちは、サヴァイヴァル・ゲームの道具を手に身構えた。キャヴィンのトランクからは女の死体が、冷蔵庫の中には切り落とされた生首が――。そんなころトリッシュの姿が消えた。姿を見せない殺人鬼と闘う彼らは、トラックでの脱出を試みる。しかしそれも殺人鬼の罠だった。遂に絶命するラリー。森の中でスーが矢を受けて落とし穴に落ちる。蛇が放たれ、いよいよ、彼らは本物のサヴァイヴァル地獄へとつき落とされる。その時、スティーヴのライフルが火を吹いた。これを機に“ゼロ・ボーイ”たちの反撃が始まった――。(ジョイパックフィルム配給*1時間29分)...

作品データ

原題 The Zero Boys
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 ジョイパックフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.0 2.0 (全1件)
  • 危機感なさすぎ 逃げ込んだ住居に殺人鬼が潜んでいるというよくあるパターン。 しょっぱなからサバイバルシーンがあるが、必要性をあまり感じないw 中盤の展開は悪くはないんですが、とても殺人鬼に追われてるとは思えない... ...続きを読む

    ジーナ ジーナさん  2018年1月7日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi