少女娼婦 けものみち
ホーム > 作品情報 > 映画「少女娼婦 けものみち」
メニュー

少女娼婦 けものみち

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

父親を知らない十六歳の少女の性への衝動を描く。脚本は岸田理生と「遠い明日」を監督した神代辰巳の共同執筆、監督も同作の神代辰巳、撮影は「天平の甍」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

ストーリー

サキは、屋台を引いて生計をたてている母・圭子と二人暮らしの十六歳の少女。ある冬の日の午後、サキはボーイフレンドの外男と、自転車で海辺へ行き、初体験を済ませた。セックスのあと、サキは外男を追いやった。彼女は一人になりたかったのだ。ダンプカーの運転手のアタルが遊子を乗せて国道を走っていた。その道をサキが自転車で走っている。彼女に気づいたアタルは、ドライブインで遊子を降ろすと、サキを追った。翌日、デートをした二人は、そこで関係を結ぶ。成人した男に、外男では得らたない陶酔感に浸るサキ。そんなサキを追い続けている外男は、彼女を見つけるとむしゃぶりついた。サキは子供を宿していた。アタルの子とも外男とも分らない。アタルは妊娠の事実をサキに聞くと、「産めよ」とやさしく言うのだった。一方、外男は、その知らせに動よう、堕胎費用を集め、彼女に渡すのだった。家に帰ったサキは、母が父と思われる男と電話をしながら、愛人と躰を合わせていた。自分の部屋に入ったサキは、父を想い、オナニーに耽るのだった。ある日、サキはアタルの部屋に行くと、彼は遊子と絡み合っていた。嫉妬した彼女は、アタルの足を包丁で刺してしまうが、彼はそんな彼女をやさしく迎えるのだった。一緒に暮らす二人のところに外男がやってきた。彼は一緒になってくれなければ死ぬと言うと、海に飛び込んだ。アタルは、助けようとするサキを制して海に入り、外男を救出する。三人は漁屋小屋にいた。外男の前で関係する二人。サキは子供を産む決意をするのだった。...

スタッフ

監督
脚本
岸田理生
神代辰巳
製作
三浦朗
撮影
姫田真佐久
美術
渡辺平八郎
音楽
新井英一
録音
橋本文雄
照明
新川真
編集
井上治
助監督
伊藤秀裕
スチール
井本俊康

キャスト

作品データ

製作年 1980年
製作国 日本
配給 にっかつ
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「少女娼婦 けものみち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi