ゴジラ FINAL WARSのレビュー・感想・評価

メニュー

ゴジラ FINAL WARS

劇場公開日 2004年12月4日
10件を表示 映画レビューを書く

エンタメに偏っただけ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

懐かしのX星人登場だけど、あのコスチューム見たかったなぁ。

ミュータント部隊も武器の威力が凄いだけかと思ったし、エビラをぶち抜く携帯兵器あるなら、怪獣退治は苦労しない。
無理なアクションてんこ盛りで、こんだけのアクション組み込む必要あるんだろうか?みたいな部分もあるし、戦隊ヒーローモノレベルのアクション見せられたりすると「どうなん?」と悲しくなる。

ガイガンカッコいいが元々のデザイン故に完成度が高いのだから、当たり前。
カイザーギドラはもはやどうでもよい。

お祭り映画なのだから、派手派手賑々しくやれば良いと適当な作りで、ケイン、ドンフライ、船木将勝と暑苦しい演技が所狭しと炸裂する。
南極基地にまで筋肉ダルマのグッドリッチとレイセフォーとか配役のオファーは誰がしたの?
しかも、肝心の怪獣たちはいざ戦いとなるとあっさりゴジラに敗北。
アンギラスやキングシーサーとサッカーやってるようなシーンもあるが必要ない?
北村一輝が独りで踊ってるだけで、X星人の戦略とかめちゃめちゃ(笑)

ただただ、ゴジラが暴れるのが見たい人を対象にした映画。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年3月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コレはヤバイ…

50周年記念作品となる28作目。

コレはヤバイね…
まさかのSF…
凄い金をかけてるみたいだけど、戦隊モノとあんまし変わらないクオリティ…

ドン・フライとか、違う意味でも豪華キャストは見ものかな。

n.yamada
n.yamadaさん / 2016年9月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後のゴジラ

ゴジラのかっこいいところ詰め合わせ。ツッコミどころは山ほどあるけれども、これだけぶっとんだ内容であるからこそシリーズ最終作にふさわしいんではないかと思う。

棒人間
棒人間さん / 2016年8月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2000年後の作品なのか

特撮ヒーローものだとしたら随分進化したなと思うけれど特撮映画なのかと思うと随分古くさい感じがする。なんかこれじゃない感が半端なかった。

ゲン
ゲンさん / 2016年8月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イグアナ版のゴジラにも劣る作品

見終わった感想としては、最低の作品という他ない。

これが2004年の作品?

1998年に公開したエメリッヒ版のゴジラよりもつまらない。

迫力はないし、そもそも人間同士のアクションはお呼びでない。ストーリーも中身のないもの。

これは怪獣映画とは到底呼べない作品。

デストロイヤー以来ゴジラを見ていなく先日2014年版のハリウッド版ゴジラに触発されて、2000年からのを見ましたが最後が一番残念。

9876543210123456789
9876543210123456789さん / 2014年8月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

バカ監督のせいで最後の作品が駄作

怪獣がたくさん出るのはうれしいんだけどねぇ
人間とX星人の闘いは長いくせに怪獣同士の戦いが短い!ほんと、ふざけんな‼︎
ゴジラ映画で松岡とケインのバイクアクションなんてどこの誰が観たがるのかねぇ〜

最後のカイザーギドラも短足でダサい
モンスターXも動きやすさを重視した感じで気に入らない

ナリ
ナリさん / 2014年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

違う、そうじゃない

怪獣映画といえば、怪獣とそれに翻弄される人々が主役で、何方に重きを置くのかで、違う楽しみ方が出来る、素晴らしいモノである。
ゴジラVSシリーズは怪獣に、パシフィック・リムは半々、クローバーフィールドは人々にフォーカスした映画で、どれも好きな映画である

しかし、本作は『怪獣王ゴジラ』最後の映画だというのに、圧倒的に人間がメイン。そっちじゃないんだよ、観たいのは。
日曜の朝やってる様なアクションじゃないんだよ、観たいのは!
芹沢博士や権藤一佐の贖罪や決死の覚悟なんだよ、観たい人間のカッコ良さは!!

今度のハリウッドはちゃんと作ってくれるかなぁ…

トレパン
トレパンさん / 2014年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最後の最後に最高の大暴れ!!!!!

この作品のゴジラは今までになくパワフルに動きますし、平成シリーズ1の怪獣総出演です。
小学生のころ劇場で見た興奮は今も忘れませんo(`▽´)o

人のアクションが多いとか、今までのゴジラをぶっ壊したとかいわれていますが、怪獣映画ですからとんでもない事をしてもらはなくてはいけないと思います。
だから、今までのだらだらした感じよりも今回のようなスピード感ある方が僕は好きです。(いや、今までは今までで好きですよ)

一つ言いたい事はヘドラの扱いですかね(‾○‾;)

凄く面白いと思います(≧∇≦)

郡家のMN
郡家のMNさん / 2013年1月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラは終わらず

遂にゴジラ生誕50年。
そして奇しくもシリーズ最終作。
この年、久々にゴジラが話題になったのを記憶している。

記念すべき本作は、“ゴジラ祭”。

登場怪獣はゴジラ、アンギラス、モスラ、ラドン、エビラ、ミニラ、カマキラス、クモンガ、マンダ、ヘドラ、ガイガン、キングシーサー、ジラ(何だコイツ?と思ったらあのハリウッドのゴジラ擬き)、そして新怪獣モンスターX(正体はキングギドラの最強版ガイザーギドラ)の14体で、「怪獣総進撃」を抜いて最多。
舞台は近未来、進化した人類=ミュータントたちは“地球防衛軍”を結成、“轟天号”(「海底軍艦」の名マシン!)に搭乗する。
そんな人類と、ゴジラと、侵略宇宙人=X星人(「怪獣大戦争」!)の三つ巴の“最終戦争”が描かれる。

監督は北村龍平。
彼ならではのアクション演出が爆発し、全編バトル、バトル、バトル、最後までノンストップで突き進む。
キャストに宝田明、佐原健二、水野久美が久しぶりに出演、ファンを喜ばせる。
「セブン」のカイル・クーパーが手掛けたメインタイトルバックは超クール!で、一見の価値有り。

…などなど、これでもか!というくらいの面白味を詰め込み、華々しい最終作に仕上がった。

だけど、最終作に相応しいかどうかは別である。
個人的な見解としては、“最終作”というより“番外編”に見えてしまった。

“映画”としては多くのゴジラ映画のエッセンスがあるが、“ストーリー”としてはこれまでのゴジラの世界と完全に切り離したパラレルワールド。
荒唐無稽な展開でリアリティの欠片も無く、それこそ70年代のノリを感じる。
ハナから割り切ってるので、近未来とか侵略宇宙人とかも不自然には感じないのだが…。

ただ楽しいだけではなく、ゴジラの本質、暗い背景やその存在意義にも迫ったシリアスな題材も欲しかった。
「ゴジラVSデストロイア」や金子監督の「大怪獣総攻撃」や前作「東京SOS」の方が、最終作としての意味合いがある。

最終作なのに、ちょっと辛口コメントになってしまったのが残念だ。

最終作、最終作とさっきから言っているが、これでゴジラ映画がもう作られないという訳ではない。
富山P曰く、シリーズに新風を吹き込める才能、題材があれば、その時は復活する時、と語っている。

ゴジラは過去何度も復活してきた。不死鳥のように。
それは時代がゴジラを求めたから。

その時まで、ゴジラ・フォーエバー!

近大
近大さん / 2012年6月21日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈なショー

拙ブログより抜粋で。
--
 まず脚本が世界を股にかけたエピソードをよく交通整理してあって、相当数の怪獣が登場するにもかかわらず無理がない。もちろんゴジラシリーズとしてはという前置きが必要となるのだが、それでもこれだけのボリュームをよく詰め込んだと感心した。
 また、行きあたりばったり的ではあるが、理屈をこねることなく闇雲に街を破壊しつくす展開は、怪獣映画ならば必須であるべき破壊のカタルシスを思い出させてくれた。

 俳優陣も松岡昌宏、菊川怜、そしてX星人を演じた北村一輝を筆頭に、ゴジラ映画、怪獣映画というより戦争アクション映画と言ったほうがいいこの撮影内容で充分に責任を果たしている。少なくとも前作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003年 手塚昌明監督)とは比較にならないぐらいまともな演技を見せてくれる。

 ではそれで面白い作品になったかというと、これが微妙。
 とくにゴジラが氷の中から復活してくる中盤までがまるっきり盛り上がらない。ゴジラが登場しないからつまらないなどと言うつもりはない。ただ、終始人間たちのアクションシーンで北村龍平監督の持ち味を存分に発揮しているはずなのに、これに高揚感が伴わないのだ。
 復活後のゴジラが次々と怪獣たちを倒していく様は観ていて気持ちいいのだが、これは主に特撮班の功績で、見方を変えれば北村龍平監督の演出力の無さが露呈してしまっているといっていい。スタイリッシュなアクションは撮れても、感情に訴えかけることができていない。まるで観客をだますテクニックはうまくても、それを盛り上げるトークが伴わない素人手品師の退屈なショーを観ているような気分。
 あえて比較するなら金子修介監督の『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』の方がその辺は遥かに長けていた。

かみぃ
かみぃさん / 2010年5月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi