千年火
ホーム > 作品情報 > 映画「千年火」
メニュー

千年火

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

福岡県新宮町の公設ホール“そぴあしんぐう”が企画して製作された劇映画で、新宮町のシンボル的存在の千年家(せんねんや)に千二百年以上に渡って受け継がれてきた“法火”をモチーフにしたヒューマン・ファンタジー・ドラマ。福岡県新宮町とその周辺地域の海、森、そして美しい街並みを舞台にして、両親を亡くした少年が町の人々との交流を通して心を癒し成長していく姿を描く。監督は、「坂の上のマリア」「いずれの森か青き海」など地域コミュニティのあり方を描くことに定評のある瀬木直貴。撮影を、「絵の中の僕の村」(東陽一監督)で、ベルリン映画祭銀熊賞を受賞した清水良雄が担当。主役の聡少年を、オーディションで選ばれた村田将平が自然体の演技で演じる。

ストーリー

東京。11歳の杉田聡(村田将平)は、父親・隆一(鶴見辰吾)とふたりで暮らしている。母親は、聡がまだ幼い頃に亡くなっていた。ある晩、隆一の帰りが遅くなり、聡は待ちつかれて眠ってしまう。そこに、携帯電話が鳴った。隆一が交通事故で亡くなったという知らせを受け、聡は呆然と立ち尽くす。葬式も済み、夏がやってきた。聡は、福岡県の新宮町に住む祖父母のもとに引き取られることになった。しかし聡は、突然の父の死のショックで、口がきけなくなっていた。また、都会から自然あふれる“しんぐう”にたったひとりでやってきて、環境の変化に戸惑ってもいた。そんなひとりぼっちの聡の心を、“しんぐう”で出会ったさまざまな人たちが、少しずつ癒していく。新宮町のシンボルである「千年火」を守りつづける不思議な老人・オキナ(丹波哲郎)。おおらかな心で聡を受け入れる優しい祖父母。ユーモラスな地元の漁師たち。そして聡は地元の少女、あゆみ(山下奈々)に、ほのかな恋心を抱くようになる。聡はいつか、声を取り戻すことが、できるのだろうか。...

スタッフ

監督
脚本
高坂圭
プロデューサー
増永研一
中島雄一
高坂圭
撮影
清水良雄
美術
久保年且
音楽
北崎千代佳
照明
武山弘道
編集
井上秀明
その他
今野康之
各務修司

キャスト

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
配給 映画「千年火」製作上映委員会
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi