赤胴鈴之助 黒雲谷の雷人
ホーム > 作品情報 > 映画「赤胴鈴之助 黒雲谷の雷人」
メニュー

赤胴鈴之助 黒雲谷の雷人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「赤胴鈴之助 一本足の魔人」などの“赤胴鈴之助”シリーズの第八部。今回は前作の岡本繁男・松村正温に、吉田哲郎が加わって共同脚色し、「流れ星十字打ち」の渡辺実が監督した。撮影は「月の影法師 消えゆく能面」の本多省三。鈴之助には梅若正二に代って、十五歳の少年・桃山太郎が新しく登場する。他に岸正子・林成年・浅野寿々子・小町瑠美子などが出演。

ストーリー

鈴之助は、祖父の仇である火京物太夫と岳林坊を追って、秩父山麓にやって来た。近頃、月の輪城下には六本の鉄の爪を持つ雷人が出現し、生明を吸うということだった。ために、城では雷人退治のために優れた武芸者をつのっていた。物太夫と岳林坊も召し抱えられた。一日、月の輪城の琴絵姫が月の輪明神に参詣の際、凄まじい雷鳴とともに雷人が現われた。雷人が姫を連れ去ろうとした時、鈴之助の放った石礫が雷人の爪に命中、退散した。姫の依頼で鈴之助は雷人退治に力を貸すことを約束した。城主の帰国次第、慈光石を元の持主に返してやるという条件つきでである。物太夫、岳林坊は鈴之助が城に迎えられたので黒雲谷に逃げ出したが、雷人に連れ去られた。ある夜、姫が庭を歩いている時雷人が襲いかかり、姫は掠奪された。慈光石を持参すれば、姫を帰すという。鈴之助は慈光石の在り場を知る唯一の人、宗庵を訪ねたが、すでに雷人に殺されていた。雷人たちは、宗庵から奪った古文書を頼りに、月の輪明神にやって来た。後を追った鈴之助は、不覚にも激流に呑まれた。だが、鈴之助の真空斬りに、水も引き、慈光石が現われた。鈴之助の前に、雷人が迫った。そこは鈴之助、得意の真空斬りで、姫を奪い返し、雷人を退治した。...

キャスト

作品データ

製作年 1958年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 59分

提供:株式会社キネマ旬報社

「赤胴鈴之助」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi