柳生一族の陰謀のレビュー・感想・評価

メニュー

柳生一族の陰謀

劇場公開日 1978年1月21日
2件を表示 映画レビューを書く

夢じゃ夢じゃ夢でござ〜る! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

二代将軍 徳川秀忠の謀殺に始まる徳川幕府の屋台骨を揺るがしかねない権力争いをドラマチックに描いたアクション時代劇は、同時に東映の時代劇復興の威信を賭けた戦いでもあった。

萬屋錦之助、三船敏郎、千葉真一、真田広之など新旧スターたちが相乗効果を生み出し、久しぶりの時代劇に監督、スタッフ共に気合い十分なのが画面からヒシヒシと伝わって来る。

三代将軍位争奪戦とも言える世継問題は、家光、秀長をそれぞれ推す全国諸藩大名と王政復古を目論む朝廷も参戦しての三つ巴の仁義なき戦いであり、事実とフィクションを織り交ぜた脚本によりその面白さは比類なきものとなっていた。

太古の遺物となり果てたかつての映画スター、萬屋錦之助の良く言えば貫禄のある、悪く言えば仰々しいセリフ回しは、格調高きチャンバラ時代劇の威光を放ち、時代劇初メガホンの深作欣二監督のダイナミックな演出も脂がのっていてもうノリノリでしたね。

もう二度とこんな型破りで面白い時代劇なんて誕生しないのではないかとさえ感じられます。

多大なる犠牲を払ってまでも掴もうとした長年の夢が我が子・十兵衛の手により、目の前で水泡に帰す時に見せる柳生但馬守の狂乱ぶり。

まさに鬼気迫るその姿に背筋も凍ってしまう。
この萬屋錦之助、一世一代の大芝居を見るだけでも一見の価値はある。

みつまる。
みつまる。さん / 2016年3月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今見ると贅沢な映画です。

TVでやっていて十数年ぶりに観たのでレビューする。
いやー、贅沢ですね。流石に35年前の映画ですが
もはや、故人になられた俳優さんばっかりです。

萬屋錦之介
山田五十
金子信雄
成田三樹夫
芦田伸介
丹波哲郎
大原麗子
原田芳雄
室田日出男
角川春樹
三船敏郎

いやー凄すぎですね。
オールスター総出演。
なぜか、角川さんが出てます。
カメオ的な・・・かな?

しかし、若かりし大原麗子さん
おきれいです。めっちゃ美人です。

いやー、映画って本当に素晴らしい。

としぱぱ
としぱぱさん / 2013年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi