免田栄 獄中の生
ホーム > 作品情報 > 映画「免田栄 獄中の生」
メニュー

免田栄 獄中の生

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

誤審により死刑囚となり、判決から三十四年六か月にわたって牢獄での生活を余儀なくされたひとりの男性を取材したドキュメンタリー。キネマ旬報文化映画ベストテン第二位。

ストーリー

作品中登場する免田栄氏は一九五〇年代殺人罪で起訴され、五一年十二月に死刑が確定された。免田氏は一貫して無実を主張し、五六年熊本地方裁判所は第三次の再審請求に対して異例の再審を決定(確定死刑囚に対しては初めての判断)。だがその後も氏は八三年に勝訴を勝ち取るまで死刑囚として独房の生活を強いられた。小池監督は、免田氏が獄中から世間の人々に宛てて書いた手紙を、再び免田氏に見せ当時の心境をインタビューするという手法で、氏の人間性を引き出していく。画面に映るのは免田氏と小池監督のふたりのみ。自分を支援し続けた人々、父親、そして死刑執行されていった親しい囚人などの思い出を、免田氏は淡々と語るが、その言葉の中に、有限と決められた時間を真剣に生きる覚悟を持たざるを得なかった人間の迫力を感じさせる。死刑制度が論議を呼ぶ昨今、本作品は、死刑を訴えられた囚人も、また人間であるということを人道的に静かに訴えていく。...

スタッフ

監督
製作
山上徹二郎
撮影
清水良雄
音楽
坂田明
録音
滝澤修
久保田幸雄
照明
加藤純弘
助監督
水口真
ナレーター
伊藤惣一

キャスト

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi