冬の華
ホーム > 作品情報 > 映画「冬の華」
メニュー

冬の華

劇場公開日 1978年6月17日

解説

殺した相手の娘を気にかけ、伯父だといつわり文通を続けながら、彼女の成長を見守るうちに再び義理によって人を殺す男の姿を描く。脚本は「君は海を見たか」の倉本聰、監督は「夜の演歌 しのび恋」の降旗康男、撮影は「犬神の悪霊」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

ストーリー

関東の東竜会幹部、加納秀次は、会長の坂田良吉を裏切り、関西の暴力団に寝返った松岡を殺害した。殺された松岡には三歳になる洋子という一人娘があり、加納は洋子を舎弟の南幸吉に託して、旭川刑務所に服役した。服役中、加納はブラジルにいる伯父といつわり、洋子と文通を続ける。十五年の刑期を終え、出所した加納は、洋子に加納の手紙を運ぶうち彼女の恋人となった竹田の案内で、洋子の姿を見ることができた。ある日、洋子の手紙によく書かれていた喫茶店で、加納は彼女と出会う。加納がブラジルにいる伯父ではないかと思った洋子は、彼にそれを尋ねようとするが、加納はすばやく彼女の前から去り、店を出て行った。組結成の話も断わり、堅気になろうと決心していた加納は、坂田から、息子の道郎の相談相手になってくれと頼まれる。加納と道郎が再会を喜び合ったのも束の間、坂田は関西の暴力団員に殺される。その仇を討つため、関西連合の三枝と東竜会を裏切った山辺を、道郎が狙っていることを耳にした加納は、坂田から道郎を頼まれたこともあって、苦悩する。山辺殺害を決意した加納は、洋子へ電話をかけ、当分日本には帰れないというのだった。翌日、南に道郎が外に出れないように見張らせた加納は、山辺のもとへ向かう。それは、再び会うことができないであろう洋子の幸福を願いつつ、十五年前の状況に戻ってしまう加納の宿命であった。...

スタッフ

監督
脚本
倉本聰
企画
俊藤浩滋
橋本慶一
撮影
仲沢半次郎
美術
井川徳道
音楽
クロード・チアリ
録音
溝口正義
照明
増田悦章
編集
堀池幸三
進行主任
俵坂孝宏
助監督
藤原敏之
スチール
遠藤努

キャスト

作品データ

原題 A Flower in the Winter/A Flower in Winter
製作年 1978年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 121分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第2回 日本アカデミー賞(1979年)

ノミネート
助演男優賞 夏八木勲
技術賞 井川徳道

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全6件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

冬の華[DVD] 八甲田山 HDリマスターBlu-ray 完全初回生産限定:復元台本付き[Blu-ray/ブルーレイ] 君よ憤怒の河を渉れ[DVD] 山口組三代目[DVD]
冬の華[DVD] 八甲田山 HDリマスターBlu-ray 完全初回生産限定:復元台本付き[Blu-ray/ブルーレイ] 君よ憤怒の河を渉れ[DVD] 山口組三代目[DVD]
発売日:2011年11月1日 最安価格: ¥2,419 発売日:2015年11月3日 最安価格: ¥6,572 発売日:2014年9月26日 最安価格: ¥1,854 発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥3,596
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

冬の華 冬の華 冬の華 冬の華
冬の華 冬の華 冬の華 冬の華
2015年8月1日 2013年12月28日 2016年1月15日 2016年1月23日
¥400 ¥324 ¥432 ¥300
Amazonビデオ DMM.com ひかりTVビデオ ShowTime
※プライム対象

他のユーザーは「冬の華」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi