ナージャの村
ホーム > 作品情報 > 映画「ナージャの村」
メニュー

ナージャの村

劇場公開日

解説

チェルノブイリ原子力発電所で起きた事故によって放射能汚染にさらされた村に暮らす人々の生活を捉えた長編ドキュメンタリー。監督・原案は写真家の本橋成一で、撮影を、本作で97年のJSC(日本撮影監督協会)賞を受賞した、「あらかわ」の一之瀬正史が担当している。日本=ベラルーシ共和国合作映画。16ミリからのブローアップ。

ストーリー

かつては300世帯の農民が暮らしていたベラルーシ共和国ゴメリ州ドゥヂチ村は、チェルノブイリ原発の事故によって放射能汚染にさらされ、今ではわずか6世帯15人が暮らすだけの寒村になってしまった。政府からは村への立ち入りが禁止され、大地が汚染されていることも知りながら、残った彼らは村を離れようとはせず、家畜を育て農作物を栽培し、昔と変わらない営みを続けている。その中で、ナージャの一家は子供たちの教育のことを心配し、子供を学校へ通わせるために町への引っ越しを考える。彼らを中心に、決してふるさとを忘れようとはしない人々の暮らしを、丁寧に見つめたキャメラで切り取っていく。...

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 サスナフィルム
上映時間 118分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • のどか村の生活、しかしそれは・・・。 ネタバレ! 8歳のナージャが暮らす村は、とてものどかだ。わずか6世帯の家族たちは、農業に従事しており、ヤギのミルクを搾ったり、ウォッカを蒸留したり、家族総出で芋堀りをしたり、自給自足のエコライフだ。夜明けの... ...続きを読む

    Chemy Chemyさん  2010年6月13日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ナージャの村」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi