ゴジラVSモスラのレビュー・感想・評価

メニュー

ゴジラVSモスラ

劇場公開日 1992年12月12日
3件を表示 映画レビューを書く

ツッコミが止まらない

何でも光線出せばかっこいいってもんではないと思う。コスモスが歌うシーンは神秘的な雰囲気でいいと思う。

棒人間
棒人間さん / 2016年8月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昔の作品だなぁ

ゴジラの作品をほとんど見た事なかったので見てみた。

ただやっぱり色々と突っ込みどころが満載すぎるのがきになるなーというのに尽きる。正直今の若い人が見てもあんまり楽しめないだろうなーと思った。

けいすけ
けいすけさん / 2014年12月22日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

唯一女性客を呼ぶ事が出来る怪獣=モスラ

キングギドラに次いで復活したのは、モスラ。
悪のモスラとして新怪獣バトラが登場するなど、モスラが主役と言っても過言ではない。
ストーリーもモスラを軸に展開される。
ゴジラは完全に脇役だ。

ストーリーは、1961年の「モスラ」と「モスラ対ゴジラ」を合わせてリメイクした感じ。
環境問題などを背景にして現代的要素を取り入れているものの、新味は無い。

だが、新小美人=コスモスや離れ離れになっていた家族の和解、女性コーラスによる音楽などに彩られ、ファンタスティックな映像と共に、異例な“美しい怪獣映画”に仕上がっている。
劇場公開時、母親が娘を連れて観に来たりと、ゴジラ映画として珍しく女性層も多かったとか。
それもひとえに、モスラのお陰といったところか。

モスラに株を奪われっ放しだが、ゴジラも噴火する富士山からの出現があったり、バトラも名古屋襲撃があったり、両者のバトルがあったりと、見せ場は設けている。
“メーサーマーチ”をバックに展開されるゴジラ対メーサー部隊はハイライトの一つ。

怪獣映画で女性客を取り込むのは非常に至難。
それを唯一出来るモスラは、稀有な存在と言えよう。

近大
近大さん / 2012年6月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi