汚れた女
ホーム > 作品情報 > 映画「汚れた女」
メニュー

汚れた女

劇場公開日

解説

嫉妬から殺人を犯した人妻と、殺された女の夫の奇妙な道行きを描いた人間ドラマ。監督は「黒い下着の女 雷魚」の瀬々敬久。脚本は「悶絶大回転 ひと晩何度でも」の井土紀州と瀬々の共同。撮影を「白衣いんらん日記 濡れたまま二度、三度」の鈴木一博が担当している。主演は新人の吉野晶と「八つ墓村」の諏訪太朗。成人指定。

ストーリー

美容院で経理を務めている人妻の文子は、美容師の沢井と不倫の関係にあった。ある日、同僚の美容師・真由美と沢井の関係を邪推した彼女は、真由美を殺害。死体を切断して、あちこちのゴミ捨て場に捨てて回るのだった。その頃、真由美の夫でタクシー運転手の雪男は、いつまでも帰らない真由美を不審に思っていた。美容院を訪ねた雪男は、実は妻と肉体関係を持っていた店主の渡辺に妻を返して欲しいと詰め寄るが、逆に殴られてしまう。そんな雪男を介抱したのは文子だった。ところが、バラバラ死体のニュースがテレビで報道され始め、雪男にそれが知れるのを危惧した彼女は、真由美がかつて社員旅行で行った温泉へもう一度行きたがっていたと嘘をつき、雪男を温泉へと誘い出す。そして、雪深い山の中にある温泉地へ向かう途中、文子は雪男を殺すことを画策。しかし、計画は失敗してしまうのだった。温泉宿へ到着した雪男は、文子を手込めにすると、このままふたりでどこかへ行ってしまおうかと文子を誘う。実は、雪男は真由美が見つかったら、彼女を殺そうと考えていたのだ。だが、その目的はもう果たせない。文子は、そんな雪男から逃亡を図る。彼女を追った雪男は、真由美に使う筈だった金属バットを、文子の脳天へ振り下ろした…。...

スタッフ

監督
脚本
井土紀州
瀬々敬久
企画
森田一人
プロデューサー
朝倉大介
衣川仲人
制作
坂本礼
撮影
鈴木一博
音楽
安川午朗
録音
シネ・キャビン
整音
中村半次郎
編集
酒井正次
助監督
菅沼隆
スチール
佐藤初太郎

キャスト

作品データ

製作年 1998年
製作国 日本
配給 国映
上映時間 79分

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

汚れた女(マリア) 汚れた女(マリア)
汚れた女(マリア) 汚れた女(マリア)
2013年12月28日 2009年11月27日
¥324 ¥500
DMM.com ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「汚れた女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi