化石の森(1973)
ホーム > 作品情報 > 映画「化石の森(1973)」
メニュー

化石の森(1973)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

現代の青春と、母と子の血の問題をとりあげながら、人間の心の中の神と獣性を追求する。原作は石原慎太郎の同名小説。脚本は「陽は沈み陽は昇る」の山田信夫、監督は「札幌オリンピック」の篠田正浩、撮影は「無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

ストーリー

緋本治夫25歳。大都会のある大学病院で病理学を専攻しているインターンである。病院では、塩見菊江の一人息子、和彦の脳手術を、宮地教授が行おうとしていた。治夫は、この医学の権威を背負っているような尊大な宮地に対して憤りを覚えていた。ある日、治夫は高校で同級だった井沢英子と再会した。英子は都心の地下街にある高級理髪店でマニキュア・ガールをしている。治夫はその店のマスターが英子と関係があるのを感じ、英子をマスターから奪う決心をした。夜、二人は酒を飲み、英子のアパートで抱きあった。治夫は、英子の成熟しきった肉体に陶酔し、昂まりゆく行為の中で、眠っていた獣性が目覚めてきた……。一方、治夫の母・多津子は郊外のモテルで働いていた。彼女は長年にわたる放浪のすえ、長男である治夫との生活を願っていた。しかし、治夫は七年前、多津子の姦通の現場を見て以来、親子の縁は切ったつもりだった。マスターを殺したい程憎んでいる、と言う英子に治夫は「憎い奴は殺すまで憎め」と言い放つ。やがて、英子は治夫の言う通り、毒薬をマスターの瓜にしみ込ませ殺してしまった。二人は完全犯罪に酔った。だが、その陶酔が去った後、二人の間に亀裂ができはじめた。英子が女房気取りになり始めたのである。治夫は英子から逃れるように、子供のことから親しくなった菊江に接近していった。だが、嫉妬した菊江の夫・雄二は英子に、全てをバラしてしまった。治夫が自分から離れたことを知った英子は、多津子にマスター殺しを打ち明けた。さらに、警察にも知らせようとした。多津子は、そんな英子に優しくふるまいながら、英子を毒殺した。そして、多津子は治夫に、英子を殺したと告げた。なぜ? と問いかける治夫に、多津子は、これで自分も息子と同罪になれた、と答えるのだった……。...

スタッフ

監督
脚本
山田信夫
原作
石原慎太郎
製作
貝山知弘
撮影
岡崎宏三
美術
粟津潔
音楽
武満徹
録音
西崎英雄
照明
榊原庸介
編集
山地早智子
助監督
奥村正彦
スチル
中尾孝

キャスト

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 118分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

名作ドラマBDシリーズ 傷だらけの天使 BD-BOX[Blu-ray/ブルーレイ] あの頃映画 松竹DVDコレクション 約束[DVD] 夏目雅子 出演名作集[DVD] 風の中のあいつ VOL.7[DVD]
名作ドラマBDシリーズ 傷だらけの天使 BD-BOX[Blu-ray/ブルーレイ] あの頃映画 松竹DVDコレクション 約束[DVD] 夏目雅子 出演名作集[DVD] 風の中のあいつ VOL.7[DVD]
発売日:2013年9月18日 最安価格: ¥16,623 発売日:2013年10月30日 最安価格: ¥1,854 発売日:2004年4月24日 最安価格: ¥9,874 発売日:2005年6月24日 最安価格: ¥5,184
Powered by 価格.com

他のユーザーは「化石の森(1973)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi