バイオハザードIII : 映画評論・批評

バイオハザードIII

劇場公開日 2007年11月3日
2007年10月30日更新 2007年11月3日より日比谷スカラ座ほかにてロードショー

ミラ・ジョボビッチの華麗なアクションが楽しめる

画像1 (C) 2006 Constantin Film International GmbH. All Rights Reserved.

アンデッド(ゾンビ)と闘う宿命を負ったヒロイン、アリスのサバイバルを描く「バイオハザード」シリーズは、舞台の変化とアリスの成長をリンクさせ、毎回異なるテイストでミラ・ジョボビッチの華麗なアクションを楽しませてくれる。3作目の今作は、それが最も顕著にステップアップされた快作だ。

1作目は地下研究所。2作目は封鎖された夜の都市。それが今回は、荒廃した大地で逃げ込む安息地はない。闇から一転、人々は降り注ぐ日差しに朽ちた世界で生き延びようともがいている。一方、生き抜いたアリスは、時を経て大きく変わった。悲しみや怒り、覚醒する超能力への不安など複雑な思いを秘めつつ、自分を犠牲にして生存者を救おうとする。アクションの最中、変わらずクールでありながら、微妙な表情を見せて胸を打つ。その変化を、クローン・アリスの出現からケルベロス(ゾンビ犬)との闘いに続く導入部で、前2作をなぞって強調する演出も効果的だ。

この後現れる敵も、多彩。アンデッドの肉をついばんで凶暴化したカラスの大群、アンブレラ社の陰謀で生まれた俊敏なアンデッド、そして人間の愚かさが生み出す最強の敵。アリスの闘い方も相手によって異なり、進化しつつあるアリスの多面性をスリリングに示す。

また、「マッドマックス2」や「死霊のえじき」「エイリアン4」など、数々の映画を連想させる設定や描写がちりばめられ、味わい深い。斬新さにやや欠け、謎が残される点は不満だが、それは「IV」に期待にしよう。

(山口直樹)

関連コンテンツ

特集

10分でわかる!シリーズの簡単おさらい&ポイント解説
特集

シリーズ物は過去作を見ていないと、どうも尻込みしてしまいそうだが、そんな人にも簡単にわかるシリーズ解説をお届け。前2作を見たけれど、すっかり頭の中から消えてしまっている人も、これを読んで思い出せば3作目をより楽しめるはず。(文:編集部...特集

インタビュー

ミラ・ジョボビッチは、これからも戦い続ける!
インタビュー

日本の人気ゲームをミラ・ジョボビッチ主演で映画化したサバイバルアクションのシリーズ第3弾「バイオハザードIII」(11月3日公開)。主人公アリス役のミラ・ジョボビッチは現在、パートナーであるポール・アンダーソンとの子を妊娠中だが、8月...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全56件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ライフ ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okja オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi