スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいのレビュー・感想・評価

スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい

劇場公開日 2007年5月12日
6件を表示 映画レビューを書く

見るのがしんどい

新鮮味のない映画
配役がちぐはぐ
すべてがこけてる
笑えない

ジョークがどん滑りした会話で完全に無音状態の室内
という感じのつまらない映画

seisinsei
seisinseiさん / 2017年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良くも悪くもごっちゃごちゃ笑

ストーリー70
演出65
キャスト75

総合65

タイトル通り暗殺者がいっぱい
いっぱいすぎて把握できない笑
とりあえず登場人物が多いので
誰が主役なのか。誰が重要人物なのか
わからない。
終盤に死ぬ人たちが出てきて
やっとこの人がこうなのか!ってなる笑

メインで全人物がホテルで鉢合わせしていく
シーンは派手でおもしろかった!

まっぽん
まっぽんさん / 2016年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 難しい 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗殺者がいっぱい

マフィアが裏切者の心臓にかけた巨額の賞金を巡って、世界中から様々な暗殺者たちが集まって来る。
中には[電撃ネットワーク]のようなクレイジーな兄弟や神出鬼没の変装名人もいて、どこか漫画チックで楽しい。
キャストもそこそこ豪華なのに、惜しむらくはその誰にも感情移入出来なかったと言う欠点を抱えている。
それでも個人的には悪くはないと思うんだけど、世間サマの評価は思ったよりもシビアでしたね。

みつまる。
みつまる。さん / 2016年3月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

惜しい

自ブログより抜粋で。
--
 惜しいなあ。序盤のもたつきが最後まで足を引っ張った印象。
 個性的な暗殺者たちがターゲットのいるホテルに集まってきた中盤辺りからは結構楽しめたんだけど、多すぎる登場人物紹介で失敗してる。

 しっかりと紹介すべきキーパーソンと、さらっと流せばいいサブキャラとのバランスがとれてなくて、とにかく一通りを紹介しようとしすぎて焦点が絞れていない。
 クライマックスに用意されているどんでん返しへのミスリードを誘いたかったのかもしれないけど、単にわかりにくくなっただけ。
 そもそも後半まで、冒頭から登場するFBIコンビが主人公だったってことすら意識できなかったぞ。暗殺者たちがメインの群像劇だと思っていたから。

 見せ場の銃撃戦が始まってくればそれなりに楽しめたけど、事件のカラクリが見え始めてから作品の雰囲気が変わってきて、それ自体は悪くはないんだけど違和感を感じた。
 終始バランス感覚に欠いた惜しい作品。

かみぃ
かみぃさん / 2009年10月17日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飛び交う銃弾。飛び散る血シブキ!

なかなかおしゃれなチラシに、ちょっとお茶目なサブタイトル。『う~ん、「オーシャンズ…」みたいな感じの映画なのかな~?』って、軽い気持ちで観に行った犯作。ところがこれが、トンでもない映画でございました。
 冒頭に書いたような、甘い感覚で観に行った吾輩がバカでした。上映時間1時間48分の間に、一体何発の銃弾がスクリーンを飛び交ったことか!次から次へと繰り広げられる殺し合いの中で、一体何人殺されたことか!何せ≪ネタバレ!!≫キャストで最初にクレジットされているベン・アフレックなんか、あっという間に殺されちゃいますから…(^^;。まあ、とにかく近年のドンパチ映画の中で間違いなく“No.1”であると断言しちゃいます。
 この映画、製作は何とあの“ワーキング・タイトル”なんですよ。そう、この映画とかこの映画のイメージが強いもんですから、今回とっても意外でございました。『え~?こんな映画も作っちゃうんだ!』って感じで…。はい、イメージ変わりました。

 しかしこの映画、ただのドンパチ映画なだけではなく、ラストに起こる“大どんでん返し”なども含め(吾輩も、途中からある程度の先読みはしてたんですけど、この映画はその更に上を行きよりました。ええ、やられましたわ)、ストーリーも非常に良く出来てます。監督&脚本のジョー・カーナハンは、あの「M:i:Ⅲ」を降板して、この映画に取り掛かったそうです。で、この映画が長編3作目。間違いなく、これから注目されていく監督の1人であると、吾輩思います。
 本作で歌手のアリシア・キーズがスクリーン・デビューを飾っていますが、吾輩的には彼女より、相方の殺し屋を演じたタラジ・ヘンソンの方が、インパクトが強かったです。ええ、1度でイイからあんな銃ぶっ放してみたいモンです(^^;…。

mori2
mori2さん / 2008年10月12日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待の監督による大期待ハズレ映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『ナーク』で骨っぽい演出を見せたカーナハンということで期待して観たが、前作の才気のカケラも見られない空騒ぎアクション映画でした。  

 まず、キャラクターがどいつもこいつもつまらない。「殺し屋集結」これだけでも面白くなりそうなもんだが、出てくる殺し屋殺し屋みんなカラッポ(頭も)。実質主役の刑事ライアン・レイノルズも急に重たい芝居をしだすも下手。見てられない。アリシア・キーズは美しいが、こんな役では…。  
 演出も骨っぽさどころか、洒落っ気もテンポも工夫も何も無い。  
 どうにもならぬ映画だが、コモンの歌に合わせた最後のクレジット・シークエンスだけは面白かった。それだけが。

The Dude
The Dudeさん / 2007年10月10日 / から投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi