「それでも私はやってない」間違えられた男 近大さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

間違えられた男

劇場公開日 1957年
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

それでも私はやってない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アルフレッド・ヒッチコックの1956年の作品。

クラブのミュージシャン、マニーは、妻の歯の治療費を工面する為、保険会社を訪れるが、その直後、警察に逮捕される。以前、この事務所を襲った強盗犯にそっくりだと言う…。

冤罪である。
当事者たちのいい加減な証言、ずさんな捜査には憤りを感じる。何なの、あの、面通しや筆跡鑑定は!?(怒)
夫の誤認逮捕は自分の責任だと感じ、妻は精神的に不安定になっていく。

ネタバレだが、終盤、真犯人が捕まり、全てのあらぬ容疑は晴れた。
しかし、妻は…。

この信じ難い物語は実話。
ラストのスーパーによると、数年後に妻は回復したそうだが、それでもこの夫婦に重く暗い影が落とされたのは事実。決して軽視出来ない。

殺人も無い、陰謀も無い、鳥も襲って来ない。
ヒッチコック・サスペンスとしては異色作だが、どのヒッチコック作品より身近な恐ろしさを感じた。

近大
さん / 2013年10月29日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi