ぼくの伯父さんの休暇
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくの伯父さんの休暇」
メニュー

ぼくの伯父さんの休暇

劇場公開日

解説

フランスの喜劇作家ジャック・タチの長編第2作で、彼の代表的キャラクターとして世界中の人々から愛されるユロ氏が初めてスクリーンに登場した記念すべき作品。大勢の人々がバカンスを楽しむ海辺のリゾート地に、ポンコツ車に乗ったユロ氏がやって来る。チロル帽にパイプをくわえ、個性的な歩き方をするユロ氏は、なぜか行く先々で騒動を巻き起こし……。日本では長編第3作「ぼくの伯父さん」の方が先に公開されたため、このタイトルとなった。その年最高のフランス映画に贈られるルイ・デリュック賞やカンヌ国際映画祭国際批評家大賞を受賞。2014年、タチの監督作をデジタル復元版で上映する「ジャック・タチ映画祭」でリバイバル。

作品データ

原題 Les vacances de Monsieur Hulot
製作年 1953年
製作国 フランス
配給 日本コロムビア
日本初公開 1963年8月3日
上映時間 89分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全1件)
  • シリーズ化されるコメディ映画の原点 伯父さん(Hulot)の言動に対する男と女、大人と子供、フランス語を話す人と英語を話す人の反応の違いが興味深い。 リゾート地という設定だから許容される。 この年代のフランスのリゾート地における風... ...続きを読む

    めにる めにるさん  2015年3月8日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ぼくの伯父さんの休暇」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi