アポカリプト
ホーム > 作品情報 > 映画「アポカリプト」
メニュー

アポカリプト

劇場公開日

解説

「パッション」で世界に衝撃を与えたメル・ギブソン監督が、マヤ文明を舞台にひとりの若者の決死の逃走劇を描いたアクション・アドベンチャー。キャストには映画出演経験のない若者たちを起用し、全編マヤ語で撮影された。マヤ文明後期、中央アメリカのジャングルで妻や仲間たちと平和な暮らしを送っていたジャガーは、ある日マヤ帝国の傭兵の襲撃を受ける。都会に連れて行かれた彼らは、干ばつを鎮めるための生け贄にされそうになったところを何とか逃れるが……。

作品データ

原題 Apocalypto
製作年 2006年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 138分
映倫区分 R
オフィシャルサイト  

受賞歴

第79回 アカデミー賞(2007年)

ノミネート
音響編集賞  
音響録音賞  
メイクアップ賞  

第64回 ゴールデングローブ賞(2007年)

ノミネート
最優秀外国語映画賞  

インタビュー

メル・ギブソン映画はなぜ“痛い”のか?
インタビュー

イエス・キリストの死の直前12時間を描き、全世界に衝撃を与えた「パッション」の次にメル・ギブソンが題材に選んだのは、古代マヤ文明の世界だった。最新作「アポカリプト」について、渡辺麻紀氏がメル・ギブソンにインタビューした。(渡辺麻紀)役...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

「手に汗握る」という常套句を体感できる痛烈なアクション映画
アポカリプトの映画評論・批評

時代は16世紀初頭。舞台はユカタン半島。使われる言語はマヤ語。背景として描かれるのは帝国の自壊。スター俳優は皆無。こんなふうに紹介すると、歴史ドキュメンタリーのような映画を連想する人がいるかもしれない。外れ。「アポカリプト」の主人公は...アポカリプトの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全23件)
  • 後半のカタルシス いやはやメル・ギブソン監督作は凄まじいなと。 時代設定とか文化的側面でツッコミどころはあるらしいですがそんな事は置いておいて素晴らしい活劇。 後半の逃走劇から反撃に出る時のカタルシス。 冒頭の狩... ...続きを読む

    ドルーグ ドルーグさん  2017年7月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 構成が丁寧かつ設定は挑戦的 森の部族からマヤ帝国、再び森というそれぞれの作り込みが素晴らしい。キャラクターの紹介とすとーりの展開、見せ場の作り方が美しい。 生贄の青い姿から沼にはまって真っ黒になり生まれ変わったような色使い... ...続きを読む

    dekamo dekamoさん  2017年7月4日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • リアリティーがヤバイ 映画としてのクオリティが高い! キャストはそれまでまともに映画に出ていない若手の俳優を使ってるらしくこの作品に限りなく時間を割けるからか容姿等キャラクターの作り込みが半端ない。 全編マヤ語で撮っ... ...続きを読む

    スタンのゲロ スタンのゲロさん  2017年6月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

アポカリプト アポカリプト アポカリプト アポカリプト
アポカリプト アポカリプト アポカリプト アポカリプト
2016年7月1日 2016年12月6日 2017年9月20日 2016年11月16日
¥400 ¥300 ¥432 ¥650
Amazonビデオ Google Play DMM.com Netflix
1ヵ月無料

他のユーザーは「アポカリプト」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi