セルピコのレビュー・感想・評価

メニュー

セルピコ

劇場公開日 1974年7月13日
9件を表示 映画レビューを書く

トップダウン

疲れてる時に見たからか…
見続けるのに少し忍耐が必要でした。

だけど、汚職て、あーんな風に起こるんだなと。
全体がそうなったら、もう取り込まれるしかないよなと。

トップダウンでしない限りは難しいですね。

アルパチーノさんが、木村拓哉さんに似てるなと思いながら見ました。

ふー
ふーさん / 2017年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

虚しい現実

周りがクズな警官ばかりで、孤独にひた走るアル・パチーノが虚しくなってしまう。
これが現実だったとは驚き。
ただ盛り上がりに欠ける点や最後に彼らがどうなったのか不鮮明なのが難点。

ジーナ
ジーナさん / 2016年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3.4 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

社会派ドラマそのもの。映画『セブン』の中でブラッド・ピッドが「おれは刑事セルピコだ」と言っていたのを覚えている。セルピコは結構有名な人らしい。

憧れていた警察になった正義感の強いセルピコは、賄賂など汚職が横行する警察界に1人で立ち向かう話。
一応物語は最後収束したけど、ハッピーエンドなのかよくわからん。恐らくハッピーエンドなんだろうけど、顔を撃たれたとき死んでいたら、と考えるとハッピーエンドとは思えない。

この映画を観て思ったことは幾つかある。
誤解を恐れずに言えば警察って「みんなの用心棒」のはず。でも実際今ぼくは守られてる気がしない。少し恐れているところもあるし、避けたい存在になっていことに気付いた。その理由はたぶんぼくが警察が権力を持っているように見ているからだと思う。でも間違っていた。警察の見方が変わった。あと映画の中でも言っていたけど、権力には常に監視が必要。その監視役と警察側がお互いにチェックしてバランスをとることが大事だと思う。
2つ目がセルピコの存在について。組織の流れに乗れば確かに楽だし、自分の哲学や道徳を貫くのはかなり大変。そういう経験は誰にでもよくあることだと思う。このテーマはよくあるし、いろんな映画や評論のネタになってるからわかっていると思う。映画の中で出てきた王様と井戸の話が本質をついてると思う。その話をよく考えて理解すれば、この映画の伝えたいことの半分くらいわかると思う。

最後にセルピコの髪や髭と言い犬と言い、映画自体もしゃもしゃしていてああいった感じは好きじゃなかった。

onaka
onakaさん / 2016年4月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

社会派

社会派と名高いシドニー・ルメットの作品だけあって内容は警察の汚職と戦う男の物語と中々硬派な印象
だけどただ説教臭い話が続くだけではなくて男の抱える弱さとか孤独も描かれていて、その辺りはさすがアルパチーノが見事に演じきっている 特に人間への不信感からの反動かアルパチーノがペットをドンドン増やしていく様子はさりげなくてよかった

Movieアパート
Movieアパートさん / 2014年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

セルピコの

ファッションが登場する度、刑事に見えないスタイルでそれだけでも観る価値あり。今見ても可愛くてオシャレ。実話らしいが刑事が刑事らしくない色に染まらず一人苦悩する姿。もちろんこっちも観る価値ありです。

がい
がいさん / 2014年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

究極のKY警官 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「セブン」の中で、ブラピが自分の事を「刑事セルピコだ」と言うセリフがあるが、セルピコという名前は真面目な警官の代名詞となっているのです。

本作は、正義を貫き通し、顔面に銃弾をうけた実在の警官フランク・セルピコを描いている。

70年代のニューヨークは世界で一番危険な都市と言われるほど治安が悪く、そんな地区で安い給料で働く警官達が、汚職に手を染める気持ちもわからんでは無いが、そんな中でも自分の正義を曲げない、妥協しないセルピコはやはり素晴らしい!

セルピコを単なるヒーローとしては描かず、孤立していくなかでイラだち、恋人に当たり散らしてしまう人間臭いところも見せる事で、普通の人間が必死で正義を貫こうとしているのが伝わってくる。

自分は空気の読めない人が嫌いだが、警察機構においては、彼のような空気を読まない、悪に流されない人間が絶対に必要で、今の不祥事だらけの日本の警察にも、沢山のセルピコが出てくる事を願うばかりです!

たぁ〜ちぃん
たぁ〜ちぃんさん / 2014年3月15日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正義を信じる男の物語

正義にあこがれ警察になったセルピコ、しかし警察内部は汚職にまみれ、賄賂が横行していた…。

味方などほとんどいない状況で戦い続けるセルピコの孤独、憤り、悲哀の表現が見事。助けを得られたと思っては裏切られての連続で、セルピコが感じた不安や憤りは痛いほど伝わってくる。

テーマとしては重めだけど、観た後すっきりと終わるしテンポが良くて観やすいと思う。これがノンフクションだっつうからすごいね。

yoichi
yoichiさん / 2012年7月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

腐敗した警察

正義感の強いがゆえに変わりものと呼ばれるセルピコ。
彼は、堂々と賄賂がはこびる職場に嫌気がさしているが、何度も現状を上司に訴えても、改善しない。

ドキュメンタリーのようなリアリティーで身に迫ります。実際の話を土台にしているみたいですね。
理想と現実に戸を立てるのはいつだって人です。
勝手に戸を立てて、実際はそうはいかないんだよと
物知り顔でなだめてきます。
それを打ち破るには勇気と覚悟が必要。

その勇気が出せるのがセルピコ。他の刑事は流れに流されて・・・
唯一、積極的に相棒になってくれた刑事はいい人でしたけど。

フランクと呼んでいても字幕でセルピコって出ているのが気にかかりました。
そこはフランクでもいいんじゃないかな・・・

いずる
いずるさん / 2011年12月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Σ(正しい≠幸福)

1973年イタリア・アメリカ合作映画。130分。今年18本目の作品。「旅立ちの時」にすっかり魅了されたシドニー・ルメット監督の作品。子供のころ、近所にあったマンガ古本屋の名前が「セルピコ」でした。その店主は本作がとても好きだったのです。

内容は;
1、正義感の強い主人公・セルピコは念願のNY市警に配属される。
2、しかし、そこは賄賂と汚職に染まった世界だった。
3、悪に染まることを頑なに拒否するセルピコは、次第に孤立していく。

心の中の崇高さを体を張って守り続けるセルピコは故に社会集団の中で馴染むことができず、しまいには恋人にもふられつづける。彼は「どうして誰も俺のことを理解してくれないのだ」と憤り、理解を示す数少ない仲間ですらも遠ざけていくようになる。

観ててとても辛くなるリアルな展開。なにが辛いかというと、セルピコのあまりの正義感の強さと、それを貫く姿勢が。そして、そんな主人公の姿に抵抗感を感じながらも、嫌いになりきれない自分がいました(友達にもなれませんが)。

ルメット監督作品はまだ3作しか観てませんが、全作に共通するこのやりきれない感覚は、必ずエンディングまで引きずられ、最後には気分が重苦しくなってなんの言葉も出てこなくなります。

本作のエンディングは希望というより、深い悲しみがありました。そして、そのことに関して、誰とも話し合いたいとは思えなかったです。

1回は必ず観た方が良い作品です。

あんゆ~る
あんゆ~るさん / 2010年4月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi