ターン
ホーム > 作品情報 > 映画「ターン」
メニュー

ターン

劇場公開日

解説

27歳の銅版画家、真希は交通事故に遭い、そのときから毎日、事故にあった時刻になるとその前日に戻ってしまうようになる。孤独な生活を送る彼女に、ある日、現実世界で彼女の作品を見たデザイナーの卵、洋平から電話がかかってくる。彼女の状況はなぜ生じたのか、はたして現実に戻れるのか。「愛を乞うひと」の平山秀幸監督が北村薫の同名小説を映画化。撮影は「夢二」の藤澤順一、美術は「学校の怪談」の中澤克巳が担当。

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
上映時間 111分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

映画を見ながら空想の世界がどんどん広がっていく
ターンの映画評論・批評

映画を見ながら主人公に自分の姿を投影し、空想の世界がどんどん広がるような心地よい感覚を久々に味わった。異次元の世界に迷い込み、世界には自分1人。そりゃ欲しいモノを盗みまくって、北朝鮮やアフガニスタンなど滅多に行けない国へ行ってと好き放...ターンの映画評論・批評

他のユーザーは「ターン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi