蝉しぐれ
ホーム > 作品情報 > 映画「蝉しぐれ」
メニュー

蝉しぐれ

劇場公開日

解説

市川染五郎、木村佳乃主演の人情時代劇。舞台は江戸時代の東北の小さな藩。15歳の文四郎は、下級武士の義父・助左衛門を手本に剣術と学問に励んでいたが、父が藩の世継ぎを巡る陰謀に巻き込まれて切腹を命じられ、文四郎の生活は激変する。原作は人気時代小説家、藤沢周平の同名小説。監督は「オルゴール」「英二」の黒土三男。黒土は原作に惚れ込んで15年もの間、映画化を熱望、03年のTV版の脚本を経て、遂に監督として映画化を実現。

スタッフ

監督
脚本
黒土三男
原作
藤沢周平
製作
俣木盾夫
製作統括
森隆一
島谷能成
早河洋
エグゼクティブプロデューサー
遠谷信幸
プロデューサー
中沢敏明
宇生雅明
音楽
岩代太郎
美術監督
櫻木晶
撮影
釘宮慎治
照明
吉角荘介
録音
橋本泰夫
編集
奥田浩史

キャスト

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 131分

受賞歴

第29回 日本アカデミー賞(2006年)

ノミネート
作品賞  
監督賞 黒土三男
脚本賞 黒土三男
主演男優賞 市川染五郎
主演女優賞 木村佳乃
音楽賞 岩代太郎

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

木村佳乃の存在は嬉しい発見
蝉しぐれの映画評論・批評

木村佳乃のことは失礼ながら、よくいるトレンディドラマ女優の1人だと思っていた。だが昨年末、竹中直人の舞台を見て舞台映えする女優だと知った。続いて出演した、蜷川幸雄・演出「幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門」の将門の恋人・桔梗役の、凛々し...蝉しぐれの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全2件)
  • 長い話を省略しすぎて描ききれていないのでは 総合60点 ( ストーリー:60点|キャスト:65点|演出:65点|ビジュアル:80点|音楽:70点 ) 静かに美しくそして物悲しく時が流れ、封建社会の厳しい身分制度の中で儚い愛が綴られる、情景... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2014年12月31日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 純愛そのもの 誠実で美しい、そんな作品。 密やかに人を思い続けることの儚さと美しさ。 というか、染五郎さんがかっこよすぎるということ。 ...続きを読む

    人尽天 人尽天さん  2014年12月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

蝉しぐれ プレミアム・エディション[DVD] 蝉しぐれ[DVD] ヨイショの男 Vol.4[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 阿修羅城の瞳[DVD]
蝉しぐれ プレミアム・エディション[DVD] 蝉しぐれ[DVD] ヨイショの男 Vol.4[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 阿修羅城の瞳[DVD]
発売日:2006年4月14日 最安価格: ¥3,926 発売日:2004年2月20日 最安価格: ¥7,853 発売日:2002年8月23日 最安価格: ¥3,201 発売日:2014年5月2日 最安価格: ¥1,644
Powered by 価格.com

他のユーザーは「蝉しぐれ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi