ピアニスト
ホーム > 作品情報 > 映画「ピアニスト」
メニュー

ピアニスト

劇場公開日

解説

2001年カンヌ映画祭でグランプリ、最優秀主演女優賞、主演男優賞の3冠を独占。監督ハネケは42年ドイツ生まれ。97年「ファニーゲーム」がカンヌコンペ部門に招待され、00年のジュリエット・ビノシュ主演「コード・アンノウン」は同祭エキュメニック賞受賞、続く本作でカンヌを制覇。主演は、2度目のカンヌ主演女優賞のイザベル・ユペール。エリカは、国立音楽院の厳格なピアノ教授。学生ワルターは彼女に恋して授業を受けるが……。

作品データ

原題 La Pianiste
製作年 2001年
製作国 フランス
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 132分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第54回 カンヌ国際映画祭(2001年)

受賞
コンペティション部門
グランプリ ミヒャエル・ハネケ
女優賞 イザベル・ユペール
男優賞 ブノワ・マジメル
出品
コンペティション部門
出品作品 ミヒャエル・ハネケ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

制度と欲望、支配と服従が、入り組み、そして転倒する
ピアニストの映画評論・批評

キューブリックは、マチズモ(男性優位主義)がいかに制度化され、男たちの本能や欲望を規定し、そして女の前にそのもろさを露呈するかを描いた。挑発的なスタイルで異彩を放つハネケ監督の新作では、女を主人公にそれと似た主題が掘り下げられていく。...ピアニストの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全10件)
  • 壁崩壊に挑む女性のひたむきさ ネタバレ! ユペール演じるエリカはピアニスト。 自分の求めるピアニストにピアニストは果たしてなれるのだろうか?自分自身で鍵盤を弾き満足出来る音に出会えるのだろうか?私にはこの作品のエリカはただひたすらその事... ...続きを読む

    G・・HT3 G・・HT3さん  2018年1月19日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 性の倒錯と歪んだ衝動 男性社会の中でキャリアを積む女性というのは、ある種誰しも精神的には男性にならざるを得ない場面が多々あると思う。そうした中で、無意識にも精神的な性の倒錯、偏った成長に伴う歪んだ衝動が生まれるのでは... ...続きを読む

    reonrion reonrionさん  2017年10月12日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ドン引きだけではない ネタバレ! 10年ぶりぐらいで再鑑賞。 初見のとき生理やと思ってたシーン、よくみたら剃刀…?わけわからんくてぞっとした。 ひたすら変態ババアの話という記憶しかなかったけど、2度目みたらエリカは勿論ワルターも... ...続きを読む

    いの いのさん  2016年11月3日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ピアニスト ピアニスト ピアニスト ピアニスト
ピアニスト ピアニスト ピアニスト ピアニスト
2002年2月2日 2016年12月6日 2015年2月20日 2014年8月1日
¥300 ¥300 ¥324 ¥540
Amazonビデオ Google Play ビデオマーケット GYAO!ストア
ポイント制
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi