DUST ダスト
ホーム > 作品情報 > 映画「DUST ダスト」
メニュー

DUST ダスト

劇場公開日

解説

91年の監督デビュー作「ビフォア・ザ・レイン」でベネチア映画祭金獅子賞受賞のマンチェフスキーが7年かけて完成した第2作。ルーク役のデビッド・ウェンハムは「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」で、前作で死んだボロミアの弟、ファラミアを演じる注目株。ルークと同じ女性を愛してしまう弟役でジョセフ・ファインズが共演。撮影はケン・ローチ監督作の常連バリー・アクロイド。

作品データ

原題 Dust
製作年 2001年
製作国 イギリス・ドイツ・イタリア・マケドニア合作
配給 松竹
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

現代にとって「物語」とはなにか
DUST ダストの映画評論・批評

現代を背景にしたドラマで、盗みに入った黒人青年は、老婆が隠している金貨が欲しくて、仕方なく彼女が語る100年前の物語に耳を傾ける。その100年前、銃の使い手ルークは、アメリカ西部から独立運動に揺れるバルカン半島に渡り、運動の指導者を追...DUST ダストの映画評論・批評

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi