TAKESHIS'
ホーム > 作品情報 > 映画「TAKESHIS'」
メニュー

TAKESHIS'

劇場公開日

解説

北野武が監督・脚本・編集・主演の4役をこなして、北野武とビートたけしの関係性を描く。テレビや映画で活躍するセレブ、ビートたけし。彼にそっくりな北野武はうれない役者で、オーディションを受けても落ちてばかりで、コンビニの店員をしていた。が、そんな北野がビートたけしと出会ったことから、たけしが演じる映画の世界へと迷い込んでいく。寺島進らたけし映画の常連が出演。05年ベネチア国際映画祭正式出品作。

スタッフ

監督
脚本
北野武
プロデューサー
森昌行
吉田多喜男
ラインプロデューサー
小宮慎二
撮影
柳島克己
照明
高屋齋
美術
磯田典宏
衣装デザイン
山本耀司
録音
堀内戦治
整音
堀内戦治
編集
北野武
太田義則
音楽プロデューサー
野田美佐子
音楽
NAGI
音響効果
柴崎憲治
助監督
松川嵩史
スクリプター
吉田久美子
キャスティング
吉川威史
製作担当
森賢正

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 松竹、オフィス北野
上映時間 107分
オフィシャルサイト  

インタビュー

北野武監督インタビュー(1)
インタビュー

89年「その男、凶暴につき」の衝撃的なデビューから16年、「HANA-BI」(97)での金獅子賞、「座頭市」(03)での銀獅子賞(監督賞)という2度のベネチアでの栄誉を経て世界的映画作家となった北野武=ビートたけしが、哀しくなるほど自...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

この「脱構築」の手法は天才の所業だろう
TAKESHIS'の映画評論・批評

ワーキングタイトルが、数学の「次元分裂図形」、アートの「反復されるパターン」を意味する「フラクタル(Fractal)」。題名が「たけしの複数形(の所有格)」なのはタイプミスではなく、人間が反復されて、たくさんの北野武(ビートたけし)が...TAKESHIS'の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.2 2.2 (全2件)
  • わけわからん すみませんよくわかりませんでした。が、たけしの頭の中を描いた作品なのだと思った。もしも自分が違う人生を歩んでいたら?そっくりな自分が、本当の自分。 ...続きを読む

    いつこ いつこさん  2016年10月13日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 迷走中 迷走中の作品なのだろうか。監督として評価が上がると、逆に好きなものを撮りにくくなっていく中で、ある種あがきのような作品に思える。 自分自信、北野監督への期待のベクトルがあるから、低めの点数になっ... ...続きを読む

    佐ぶ 佐ぶさん  2014年6月24日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

TAKESHIS'[DVD] タケちゃんの思わず笑ってしまいました DVD-BOX[DVD] 北野ファンクラブ 蔵出し篇 参[DVD] アウトレイジ[DVD]
TAKESHIS'[DVD] タケちゃんの思わず笑ってしまいました DVD-BOX[DVD] 北野ファンクラブ 蔵出し篇 参[DVD] アウトレイジ[DVD]
発売日:2006年4月7日 最安価格: ¥3,201 発売日:2010年1月20日 最安価格: ¥6,480 発売日:2009年11月18日 最安価格: ¥4,104 発売日:2010年12月3日 最安価格: ¥3,283
Powered by 価格.com

他のユーザーは「TAKESHIS'」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi