北野武監督、大ヒット宣言!長編14作目「アキレスと亀」今秋公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月11日 > 北野武監督、大ヒット宣言!長編14作目「アキレスと亀」今秋公開
メニュー

北野武監督、大ヒット宣言!長編14作目「アキレスと亀」今秋公開

2008年4月11日 12:00

北野監督「たまには客の入る映画を撮ろうかな」「アキレスと亀」

北野監督「たまには客の入る映画を撮ろうかな」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北野武監督の最新作「アキレスと亀」の概要が4月9日、撮影中の日活撮影所(東京・調布)で発表され、その内容が明らかになった。

北野監督の14作目の長編となる本作は、売れない画家の真知寿(マチス=ビートたけし)のかなわぬ夢に立ち向かう苦悩や、画家を陰から支える妻(樋口可南子)の夫婦愛を描く、監督曰く「芸術を最高だと信じた男の悲劇」。

新作が発表されるたびに、海外からも熱い注目を浴びる“世界のキタノ”だが、ベネチア国際映画祭で監督賞を受賞した「座頭市」(03)は興行収入28.5億円の大ヒットを飛ばしたものの、その後、売れっ子タレントと売れない役者の葛藤を描いた「TAKESHIS'」(05)、映画監督としての自身への批判も込めた「監督・ばんざい!」(06)の2作連続して国内興行成績は芳しくない。

ギリシャ神話にある「足の速いアキレスも、前を歩くカメには追いつかない」という逆説からタイトルを取った「アキレスと亀」は、前2作に続き芸術家としての自身を投影した“3部作の完結編”だが、監督・脚本・主演を務める北野は、「前2回は、無茶な作品をやってプロデューサーに怒られたので、プロデューサーからそろそろ客の入るのも作れと言われた。遊んでばかりいられないので、今回は当たる映画を真面目にやっている」と“3度目の正直”を狙う意気込み。監督自身が描いた70点以上の絵画が登場するのも話題で、「前の2作品は、だんだんスタッフが話しかけてくれなくなったけど、今回はみんな来てくれるから面白いものに仕上がってると思う」と、自信をのぞかせた。

共演は妻役の樋口可南子のほか、夫婦の若き日を演じる麻生久美子柳憂怜(柳ユーレイから改名)ら。会見に同席した樋口は、「いろいろな格好をさせられ恥ずかしくもあり嬉しくもあり。武さんに言われたことは全部やります。ついていきます」と、役柄同様に北野を支える決意表明。2月10日からクランクインした同作は、間もなく4月中旬にクランクアップを迎え、今秋公開。9月のベネチア国際映画祭出品も有力視され、「必然的に行くことになるだろう」と語る北野監督は「今回は日本で(たくさんの人が)見てくれるとありがたい」と国内での大ヒットを目指している。

関連DVD・ブルーレイ情報

アキレスと亀[DVD] アキレスと亀[DVD]最安値: ¥3,201 アキレスと亀[Blu-ray/ブルーレイ] アキレスと亀[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥3,036 座頭市(デジタルリマスター版)[DVD] 座頭市(デジタルリマスター版)[DVD]最安値: ¥3,201
座頭市物語[DVD] 座頭市物語[DVD]最安値: ¥1,512 座頭市兇状旅[DVD] 座頭市兇状旅[DVD]最安値: ¥1,560 座頭市[DVD] 座頭市[DVD]最安値: ¥3,201
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi