スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃 インタビュー: 第2回 ナタリー・ポートマン インタビュー

メニュー

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

劇場公開日 2002年7月13日
2002年4月2日更新

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」

第2回 ナタリー・ポートマン インタビュー

「誰かが映画に華を添えなくちゃいけないじゃない(笑)」

小西未来

SFアクションのヒロインは男子ファンをドキドキさせてくれないと。今回はそんな期待にきっちり応えてくれたポートマン。でも素顔はとってもまじめで聡明なお嬢さんなのだ。

「エピソード1」に比べ、「エピソード2」では、セクシーな格好をしていますね。

「そうね。でも、もっと過激な格好を想像してたファンもいたみたい。熱いベッドシーンとかで(笑)。そんなの『スター・ウォーズ』に出てくるわけないのにね。子供が安心して楽しめることを第一に考えているシリーズなんだから」

――でも、こうしてお会いしてみると、映画でいかに変身されていたかわかります。

画像1 (C)Lucasfilm Ltd. & TM All Rights Reserved.

「ヘイデンとわたしが背中を合わせているポスターがあったじゃない? あれをママが見て、『あんなおっぱい、どうしたのよ』って(笑)。これまではいつも自分の年齢に近い役をやってきたから、今回はとても楽しかったな。これから自分が経験するかもしれないことなんかを想像しながら、演技して」

――ヘイデン・クリステンとは、映画の中では年齢差があることになっていますが、実は同い年なんですよね。

「でも、彼はまだコドモだから(笑)」

――あはは(笑)

「って、いまのはもちろん冗談よ。年齢差については、ジョージがうまく指導してくれたの。わたしは年上って設定だから、偉そうな態度を取って、意志が固くて。ヘイデンは未熟で、感情的っていう風にね」

――今回の映画では、出番ごとにコスチュームが替わりますね。

「そうなの。だって、ジェダイたちが、ずっと臭そうなボロ切れを着てるんだから、誰かが映画に華を添えなきゃいけないじゃない(笑)。でもおかしいのが、あれほどの洋服を持ってるのに、スーツケース2個にぜんぶ収まってるってことよね(笑)」

――「エピソード2」で一番苦労したのは?

「やっぱり、ブルースクリーンを前にしての撮影ね。共演者や、まわりの環境のすべてを想像しながら、演技をしなきゃいけない。普段よりもずっとイマジネーションを働かせなくちゃいけなくて、ほんとうに大変なの」

――CGが加わった映像を観て、びっくりしたんじゃないですか?

「うん! 自分が出ているのに、その景色はまるで知らないもので。まるで、自分の旅行アルバムを見ているようなの。でも、どこにも行った記憶がなくて、ものすごく変な感じ。『スター・ウォーズ』に参加させてもらって、一番の喜びって、まさにこれなの。普通の映画の場合、完成した映画を見ても退屈しちゃうんだけど、このシリーズの場合、普通の観客と一緒になって楽しむことができるから」

――今回はアクション・シーンがありますが、トレーニングはしたんですか?

「こう言うと、きっとがっかりされちゃうんだろうけど、答えはノーなの(笑)。わたしの場合、ジェダイと違って、複雑な殺陣とか覚えなくてよかったから。走るか、銃を撃つかで、とくに特殊なトレーニングが必要なものはなくて。ただ、銃が重くて、いつのまにか床に向けて撃っていることも多かったけど(笑)」

――「エピソード3」については、どの程度ご存じなんですか?

「『スター・ウォーズ』のファンと同じぐらいしか知らないの。出産をして、双子を生むことはわかってる。あとは、パドメの身になにか不幸なことが起きて、アナキンと一緒に暮らせなくなることぐらいね」

――あなたはこの映画で政治家を演じていますが、いまのパレスチナ紛争を見て、イスラエル出身のあなたはどう思われますか?

「これだけ事態が複雑化しているのに、『~すべきだ』なんて言うような、無責任なことはしたくないの。実際、政治家なんかが、『植民地主義だ』『人種差別だ』って単純化してるけど、この問題にはいろんな側面があるし、単純化しすぎることで大事なことを見過ごしてしまうと思うの。とにかく、誰の目にも明らかなのは、この紛争に勝者は誰もいないっていうこと。誰もかれもが、敗北への道へ突き進んでいて、とくに、若い人たちが下らない戦争のために命を落としているという現実を見て、ほんとうに胸を痛めている。正直なところ、わたしは罪悪感を覚えているの。こういうお仕事をさせてもらってるだけじゃなくて、大学にもちゃんと通わせてもらってる。むこうにいる若者たちは――イスラエルの人もパレスチナの人も――、――そんなぜいたくなことはできない。一刻も早く、平和が訪れることを祈ってるわ」

第1回:リック・マッカラム インタビュー

第3回:ヘイデン・クリステンセン インタビュー

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ルーカス監督の心は、すでに2005年にあり?
映画評論

それにしても、驚いた。「エピソード2」を見たとたん、ヨーダのファン急増必至! と思えるくらい、フルCGのヨーダが動く、動く。クリストファー・リー扮するドラキュラ伯爵ならぬドゥークー伯爵を相手に、ライトセイバーの大立ち回りは、なんといっ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全40件)
  • なにも解決してないけど バトルシーンとしては充実。 ジェダイVSドロイドのシーン含め、 マスターヨーダが連れてくるクローンもテンション上げめ ...続きを読む

    てん てんさん  2018年4月6日 12:08  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • あいかわらず面白い ジョン・ウィリアムの音楽も良いしキャスティングも大満足! スター・ウォーズファンとしてはらしさ満載で最高だった!! ...続きを読む

    トラ吉 トラ吉さん  2018年3月23日 12:52  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 評価しにくい どうしても自分の中でエピソード4への助走という流れで観てしまう、つまり出口は知っているという状態のためか、夢中になって観るという感じにはなり切れませんでしたね。 細かい設定にSWファンであれば歓... ...続きを読む

    チャーリー チャーリーさん  2018年2月2日 10:19  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 娼年 三浦大輔監督&松坂桃李が“共作”した、「今までになかった」濡れ場の撮影手法
  • インタビュー トレイン・ミッション リーアム・ニーソンが語る演技論「真実を口にするだけ」の真意とは?
  • インタビュー 曇天に笑う 福士蒼汰×古川雄輝×桐山漣 “男心”を交し合った、イケメンだらけの「曇天に笑う」
インタビューの一覧を見る
Jobnavi