千と千尋の神隠し

124分
 

予告編・フォトギャラリー

解説

10歳の千尋は、両親と地方都市に引っ越す途中、異世界に迷い込む。そこでは人間は、魔女=湯婆婆が経営する神さまのための銭湯で働かない限り、ブタや石炭に変身させられてしまうのだった。ブタになった両親を助けようと、千尋はそこで働きはじめる。作画監督の安藤雅司、美術監督の武重洋二、音楽の久石譲など、宮崎アニメの常連が結集。宮崎監督の前作「もののけ姫」に続き、日本古来の土着神たちがユニークなデザインで登場する。国内興行収入は304億円で歴代1位。第52回ベルリン国際映画祭では、アニメーション作品として初の金熊賞を受賞し、第75回アカデミー賞でも長編アニメーション賞を受賞。国内でも第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞(今敏監督の「千年女優」と同時受賞)、第6回アニメーション神戸作品賞ほか映画賞を多数受賞した。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作総指揮

プロデューサー

スタッフの続きを見る

製作

製作担当

原作

脚本

作画監督

美術監督

色彩設計

映像演出

デジタル作画監督

録音演出

整音

効果

編集

音楽

主題歌

制作

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 124分

映画レビュー

レビューする

子供がギャン泣きした。

久しぶりに見たけど、ものすごく怖くて気持ち悪い話だね。 子供に見せたら、「コワイ〜」とギャン泣きしてました。

サケビオースさん

ハク様かっこいい

不思議な世界観が大好きです。 千尋は最初よりも強くたくましく成長しているし、 少し切ないけど、心が温かくなります。 いつかまたハクと出会ってほしいです。 川の神と人間じゃなくて人間同士で。 ...

Reさん

これもまた!

たまに観たくなってしまうシリーーーーッズ!!

ぽじのふさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

「宮崎駿という神様」が強いてくる、スリリングな体験

「不思議の町」に迷い込んだ十歳の女の子(千尋)が、両親を豚にされ、名前を奪われ、風呂屋の下女として働くことになり、しかし、そんな無理難題な境遇の中で、自らの「生きる力」を呼び覚まされていく……という筋立て。なぜ両親は豚で、千尋は風呂屋...

関連ニュース

受賞歴

第75回 アカデミー賞(2003年)

受賞

長編アニメーション賞

第25回 日本アカデミー賞(2002年)

受賞

作品賞

第52回 ベルリン国際映画祭(2002年)

受賞

金熊賞 宮崎駿